You are here

大村京佑さんのブログ

田舎でサバイバル、メンバー募集

地球環境の激変やエボラの脅威など、人類滅亡は現実味を帯びてきました。
生き延びるためには田舎に行くしかないと権現仙人の予言も言っています。

http://www.sahimeyama-jinja.jp/gongen-sen.html
今から約100年後に天災と人災により地球上に大変動が発生し、約3年間にわたり地球が冷下、 大地震・大津波・大暴風雨等悪天候が続き、害虫類が多発し、人類が滅亡する時期が来る。
~~~
天災や人災で地球上に大変動が発生したら、都会の人は大半滅亡し、田舎の山間部の人は辛うじて生き残る事が出来るが、 食料に不足し飢餓死するから
ブログカテゴリ: 

世界的にも貴重な民間被曝研究の阻止?小出助教の不可解な批判

京大の小出助教といえば、反原発のヒーローとして知られている人です。

koide.jpeg

しかしその小出氏が、反原発運動をつぶしにかかっているとしか思えない行動を取りました。
全国でも数少ない貴重な民間の内部被曝検査サービスを批判したのです。
民間の検査サービスがなぜ貴重なのかといえば、内部被曝に関する政府機関、大学、病院などのデータは数字が操作されているからです。
民間のサービスはデータを操作する必要がありません。
そんな貴重なデータを持つ民間サービスを批判した小出氏の目的はいったい何なのか?
それが今回のテーマです。

ブログカテゴリ: 

エボラの目的はワクチンの強制接種?着々と進行する恐怖の計画

さて、今回は陰謀論の見地からエボラについて書きます。
まずは基礎知識として、2005年ロンドンのシティでの上級メーソンで話された計画を紹介します。

第三次世界大戦が計画されている。それは核兵器 と生物兵器を用いた戦争となるであろう。この証言者は、この計画が予定どおり進んでいて、今後18-24カ 月以内にこの戦争が起こされるであろう、と信じています。

ブログカテゴリ: 

エボラと震災の同時発生。空気感染とエボラ・コーラ

アフリカのエボラ出血熱が「国際的な緊急事態」と宣言されました。

エボラ熱「緊急事態」宣言、WHOが国際協力訴え
http://jp.reuters.com/article/jpUSpolitics/idJPKBN0G81MX20140808

ブログカテゴリ: 

あまり人がいない京都の山鉾巡行

最近、奈良に住み始めたので京都には良く行きます。
先週は祇園祭の山鉾巡行を見てきたのですが、京都で一番有名なお祭りなのだから混雑しているだろうと思いきや、思ったほどの人出はありませんでした。
今年から前祭と後祭の2回に分けたせいなのかもしれませんが、それにしても少なかった。
混んでいるだろうと思っていた人には穴場情報だと思うので、混み具合を報告します。
一番混みそうな四条河原町の交差点がこんな感じです。

ブログカテゴリ: 

公然とオカルトを語り始めた世界のトップエリート

IMF専務理事のクリスティーヌ・ラガルドが今年の1月にワシントンのナショナルプレスクラブにて3分もの時間をかけてオカルト数秘術(numerology)を語りました。
世界のトップエリートが公の場でオカルトを語った話はとても重要だと思いますが、日本ではまだほとんど紹介されていないようなので、今日はその話をします。
まずIMF(国際通貨基金)という組織ですが、これは国家の上に位置するエリート組織です。
1997年に韓国が破産しかけた時、韓国はIMFに支援を要請して助けてもらいました。
陰謀論的に見てもIMFは世界政府の実働部隊です。
そのクリスティーヌ・ラガルドがジャーナリストを前にオカルトを解説したビデオを紹介します。
ビデオの中でラガルドは最初に「I'm going to test your numerology skills by asking you to think about the magic seven これから魔法の数字7について考えていただくことでみなさんの数秘術の腕前をテストします」と言い、それから今年2014年が数秘術的にどういう年かを語りました。
(7:30から10:30あたり)

ブログカテゴリ: 

日本でまったく報道されない中国での準警官殺害デモ

4日前の4月19日に中国で準警察官の殺害に発展する大規模デモ事件がありました。
天安門ほどの規模ではありませんが、政府の人間を殺害するという点では天安門に共通するものがあります。
当然日本でも報道されるかと思いきや、まったく報道されません。
グーグルで検索しても、2ちゃんねらーがyoutubeの動画とグロサイトの画像を元に立てたスレッドがひとつあるだけです。

ブログカテゴリ: 

ビットコインの真の開発者はNSAに雇われた岡本龍明氏という説 その2

前回の続きです。

『ビットコインはDARPA(国防高等研究計画局)によって作られた』

ブログカテゴリ: 

ビットコインの真の開発者はNSAに雇われた岡本龍明氏という説 その1

僕は昨年の10月から世界的金融大恐慌はもはやカウントダウンの状況だという話をしています。
ここに来て海外の陰謀系掲示板を見ると、その手の話で溢れんばかりなのですが、同じことを繰り返して話すのは好きではないので、今回のエントリーではその先の話をしたいと思っていました。
ドルや円が崩壊した後、世界経済はどうなるのか?
ハイパー・インフレになる?
新しい通貨が登場する?

ブログカテゴリ: 

吉松事件の本質とテレビ局がバーニングを守る理由

吉松さんの署名呼びかけは記録的なスピードで賛同者を集め、今日の段階では11万人が署名しているようです。

ブログカテゴリ: 

ページ

Theme by Danetsoft and Danang Probo Sayekti inspired by Maksimer