You are here

日本教とは何か 2 日本教がカルトである理由

前回、日本軍の諸悪の根元は「員数主義」だったという山本七平の指摘を紹介しました。
では員数主義とは何か?
「数にこだわる主義」ではありません。
数にこだわるのはむしろ欧米人です。
英語と言う言語は名詞の単数形や複数形など、数にこだわりますね。
なぜ欧米人が数にこだわるようになったのか調べたことはありませんが、戦争の歴史に関係があるかもしれません。
戦争において日本は精神主義を強調しました。
一発必中の精神。
太平洋戦争中に強調された言葉に「百発百中の砲一門は百発一中の砲百門に勝る」というものがありますが、この言葉が嘘であることは真珠湾攻撃の作戦計画を立てた源田実が後から指摘しています。
百発百中の砲一門と百発一中の砲百門が撃ち合いをすれば、最初の攻撃で百発百中の砲は破壊され、ゲームオーバーなのです。
戦争に勝つために必要なものはまず兵力です。
小が大を倒すことはあったとしてもそれは例外であり、基本的には兵力が勝敗を決します。
欧米人が数にこだわる理由は、もしかするとここにあるかもしれません。
そしてそういった兵力の大切さについては旧日本軍もある程度は理解していました。
そこで出てくるのが「員数主義」です。
これは

「数さえ合っていれば中身はどうでもいい」

という考え方です。
つまり大砲が壊れていても、現場に到着しなくても、とにかく担当者の帳簿の数さえ合っていればいいという考え方で、そんな無責任御都合主義な考え方で戦争に勝てるわけはないのですが、その通り日本は負けました。
これは日本教の本質とも言える考え方です。
日本の最高法規は憲法ですが、果たして何人の日本人が憲法を理解しているでしょうか?
日本は民主主義ですが、果たして何人の日本人が民主主義を理解しているでしょうか?
日本の結婚は恋愛結婚が主流だと言います。
しかし果たして何人の日本人が恋愛を理解しているでしょうか?
欧米のスタンダードから言えば、日本の法治主義も、民主主義も、恋愛結婚も、すべて本質を欠いた見せかけのシステムでしかありません。
本質を欠いた結婚は成立するでしょうか?
もちろん成立しません。
だから日本の結婚率は世界最低なのですが、それでも日本人は本質を考えようとはしません。

では、この考え方はどこから来ているのでしょうか。
神道は日本固有の宗教です。
日本教と神道はとても近いところにあります。
最近、神社に行くと下のようなポスターが貼られています。

jinjya.jpg

これは神社本庁が全国の神社庁を通じて各神社に配布したポスターですが、これこそ日本教の本質中の本質だと僕は考えます。
神道には教義や教典とされるものがありません。
その神道に教義を見出すとすれば、おそらくこの言葉になるでしょう。

「日本人でよかった」

しかし、なぜ日本人であることは良いのでしょうか?
仮に神道に教義があり、それが礼儀正しさを教えているなら、「日本人は礼儀正しいから良い」ということになり、それはそれでひとつの考え方です。
しかし神道に教義はありません。
何の根拠も理由も無く、ただ「日本人でよかった」なのです。
どこかの宗教団体が信者に一般常識的な根拠を示さず、「この教団は正しい。正しいから正しい。この教団に入ればそれだけであなたは幸せ」と教えていたら、それは洗脳であり、低レベルのカルト宗教ですね。
日本人はカルト宗教を嫌います。
しかし日本中にあふれている神社こそカルト宗教であることには気がつきません。
あるいは自分がカルトだから別の宗教が嫌いなのでしょうか?

洗脳プロセスの第一段階は相手を日常から切り放して隔離することです。
そこで世界地図を見てみましょう。
日本は島国です。
これは洗脳には絶好の環境ではないでしょうか。
洗脳の次の段階は「刷り込み」ですが、神道はこれまでの千年以上の歴史の中で、何の根拠も無く日本人に「日本人でよかった」と思わせてきたと思います。
そしてその結果、日本人は何の根拠も無く自分が幸せだと思えるようになりました。
今や日本人は満員電車にぎゅうぎゅう詰めになって出勤し、過労死するまで働いても自分は幸せだと思えるようになっています。
ちなみに日本語の「KAROSHI」は2002年からオックスフォード英語辞典にも掲載されています。

国際労働機関(ILO)の過労死のページ
http://www.ilo.org/safework/info/publications/WCMS_211571/lang--en/index...

tokyo-compression.jpg
(写真はMichael Wolf: Tokyo Compression

カルト宗教の信者に「君は洗脳されているよ」と言うと、返ってくる言葉は次の通りです。

 「放っておいてくれ。自分はこれで幸せなんだ。君には関係ない」

外国人が日本人に言います。

 「日本の常識は変だよ」

日本人は答えます。

 「放っておいてくれ。日本人はこれで幸せなんだ。君らには関係ない」

日本人にとって、実際の幸福は問題ではありません。
問題は見た目です。
員数です。
実際には不幸でも、幸せだと思い込めば幸せになる。
現実を無視して、幻想を信じ込む。
これはまさにカルト宗教そのものではないでしょうか。
少なくとも世界標準から見れば、神道・日本教はカルトです。

ブログカテゴリ: 

コメント

理屈的に、大村さんの主張は正しいと思います。
ただ、カルトか否か、実質的に幸せか不幸せかに
関わらず、ただ単に国際標準的な思考に興味が
無いのだと思います。

その様な意味では、日本で暮らすのに最適な思考なのかも
しれません。

何も無くても、少子化や、新しい世界の枠組みなどが
現実の世界として見えて来ていますので、時間的にも
ほぼ全ての国民が困難と闘う事を避けられないだろうと
思います。

国際標準的な思考を持ったプレッパーは、すでに国外に
いますが、大村さんが国内に残り、且つ若者と集団生活を
始めようとする目的は何でしょうか。

集団生活メンバー募集の記事を拝見しましたが、私は、
人を頼りにしない者が、集団生活に参加したいと考える
訳が無いだろうと感じました。

気分を害されなければ、お返事頂けると幸いです。

大村京佑さんのユーザアバター

コメントありがとうございます。
こちらに回答しました。

http://kayskayomura.com/comment/6716#comment-6716

大村京佑さんのユーザアバター

ありがとうございます。

神道と大村さんの言われる日本教が近いと言われますが仏教やキリスト教でも「実際には不幸でも、幸せだと思い込めば・・・」と言う意識を持たせられる教義がありますよ。

多くの人は既成の宗教、キリスト教、仏教、イスラム教などが主要な教え、最も正しく世や人としての教えを説いていると思われがちですが新興宗教の教えの方が上回っていると思われる教えがある。しかし多くの人は固定観念、先入観などから短絡して判断してカルト、邪教などと捉える人が多くいます。

神道にしてもそうです。 神道に関する解釈はいろいろ存在します。 私の考え方は基本的統一思想は必要ではないかと思っています。 その基本部分が押しつけにならない、納得できる教え。それは主義とか哲学的なな事では駄目です。 それでは何も変わらず同じ意識が続くことになります。 もっと深く精神と肉体の働きが宇宙の働とき構成とが一致するような、それが基本であるというようなきちんと科学と一致しながらでの教えでないと多くの人が納得するものでは無い時代になっていると思います。

日本人は見た目、世間体、その根本は経済力を占めています。 愛などよりも経済力を優先して結婚を決める人は多いですがこれは日本に限らないと思います。 経済力がなければ生活出来ませんからね。

また幻想を信じ込むと言う事の原因として現実を受け入れられない、その現実には2種類ありわがままで高い理想を追いすぎる現実と誰が見ても逃避をしても当然と思えるようなやり直せない現実があります。
そうすると幻想、思い込む事で自分のペースを維持する事が出来る。しかしその副作用は精神病、人格欠落の烙印と言う危険性をはらんでいます。

大村京佑さんのユーザアバター

せっかくコメントをいただいたのに申し訳ないですが、コメント全体が重箱の隅、つまり現実逃避的に見えます。
日本の現状はもはや一刻の猶予も無いと言うのが僕の認識です。

大村さんのおっしゃりたい事は良く分かりますが全体的に考え方を変える、国家や自治体、地域の風習でさえ変わる事は難しいのにはっきり言って無理だと思います。 当然今の日本の民族性と言うか日本国家の植えついている基本的な考え方が正しいとは思いませんが海外が正しいとも言えません。 

大村さんはたぶん人間的価値を最も高くして物事を捉え人、国家としての在り方を定着させた方がいいと思っているように私なりに判断しましたがたぶんそれでは駄目だと思いますね。

日本と言うより世界が変わらなければ駄目であり大村さんの言いたい幻想から目覚めさせるには自然と合理性を論理化した教えでなければ駄目であり、そのきっかけは浄化的な大不幸レベルを経験しなければ愚かな日本国民や世界の人々は目覚める、あるいは行動に出す事はしないでしょう。 

しかし当然経済力、私的であろうと公的であろうと最低限の生活基盤確保の為の仕組みは維持しなければなりません。

現在の捉え方で行けば単なる反日、日本批判にしかなりません。 大村さんはもっと頭が良いはずですので固定観念、たとえ自分の思ったような動きにならなくても短絡視せずに奥深く捉えられるように頭脳を働かせみてはどうですか。

正直なところ大村さんに聞いてみたい事が結構あるのですが私的な事なので控えています。 

大村京佑さんのユーザアバター

今回は面白いコメントをありがとうございます。

海外が正しいうんぬんですが、日本が世界最低国だと言っているつもりはありません。
下を見ればきりがないでしょう。

>人間的価値を最も高くして物事を捉え人、国家としての在り方を

それはおっしゃるとおりです。

>日本と言うより世界が変わらなければ駄目であり

そこは理解不能です。

>大村さんの言いたい幻想から目覚めさせるには自然と合理性を論理化した教えでなければ駄目であり、そのきっかけは浄化的な大不幸レベルを経験しなければ

後半はその通りだと思います。
人間は不幸を経験しなければ目覚めない。
しかしその不幸な経験も、正しい知識が無ければ目覚めることができず、無駄に不幸を重ねることになります。
日本人が不幸な経験をしているとき、なぜそうなったかを判断する一助になればと思って僕は文章を書いています。

>最低限の生活基盤確保の為の仕組みは

それがここでどう関係するのかわかりません。

>現在の捉え方で行けば単なる反日、日本批判にしかなりません。

たぶんそうでしょうし、それで構わないと思っています。
たとえば「菊と刀」を反日の書と見る人もいるでしょう。

>大村さんはもっと頭が良いはずですので固定観念、たとえ自分の思ったような動きにならなくても短絡視せずに

僕が失望したのは事実です。
東京から岡山に移動した3年前、避難者は後から続々と来ると思っていました。
しかし放射能の危険を叫んでいる人たちは、口は動かしても体を動かすことはしなかった。
「いざとなったら逃げる」と言いつつ、いまだに東京にしがみついている。
叫んでいる人たちがその調子なら、黙っている人たちはなおさらでしょう。
昨年あたりから、僕は日本人に変わることを期待しなくなりました。
そしてその部分はTobyさんと意見が一致していますね。
ただ、そこで一致しているなら、Tobyさんが僕に何を期待しているのかわかりません。
熱くなると失望するので僕は生ぬるくブログを書いています。

文章が下手で言いたい事が伝わらず、また趣旨から外れた意見を書いてしまいましたが大村さんが指している神道とは何を指すのか、またはどの宗教の事を言っているのか。

日月神事も神道ですよ。 スエデンボルグの霊的理論と同じような理論を唱えている神道宗教もありますよ。
違いは霊的、私なりに現的(現実世界)と言いますが表裏一体とされている世界は三位一体、三神(ヒンズー教とは別)によって維持されているがその三神を統一する一神が存在しその神が宇宙を創造した神とされており、三神の力は創造の力は含まれているが大元の根源の創造、究極の核ではない創造と解釈できる捉え方での教えでキリストは神ではなく三神の一人の働きに属しているその神の顕現でその神の過去の過ちの贖罪及びその神から生まれ派生した民族の贖罪の為、所謂西洋人やイスラム系の民族など東アジアでは朝鮮、韓国の民族の代表としての贖罪をする神ではなく遣わされた者だと言う解釈をしている所が大凡で違うと言う感じでしょうか。

放射能にも耐性があると思います。 しかし日本政府(自民党以外の党の政治家も自分に降りかからなければ軽く考える)はこの耐性と言うものを悪く利用しています。 政府は耐性と言うものをどのように捉えているか分かりませんがたぶん西洋医学的に捉えていると思われますが耐性が身につけば健康を害する事が減少すると言う事は間違いで耐久力が付くだけで実際には炎症や元素による様々な破壊的作用で癌化しやすい状態に向かっているのです。
この状態を日本政府は悪用しているのです。 海外でも同じではないですか。 
また、よほど極端に放射能を浴びない限りすぐに直接要因と判断出来る症状が出ない、病気が発症しないので大丈夫だろうと思ってしまうのでしょう。
経済的な事情で行動に移せない人も多くいます。 

だからはっきり言って無理なのです。 私の地元の水道処理場の汚泥からも放射性物質が検出されていました。 私は最初から懸念しており大雨で橋を経由して敷設してある水道幹線が破裂した時に夜中の出来事の為に水道に錆や泥が回ってしまった事が伝えられず朝危なく飲んでしまいそうになり怒ったのですがそれを利用して飲んだ事にして役所に不可効力であっても文句を言い、水質検査をして茶色の水は何が含まれているのか元素名と元素記号を記載して安全宣言を出して号外連絡をするようにと怒鳴りました。
その時はすぐに了承したのですがいくら待っても回ってこないので連絡したらそういう事はしていないので「ご容赦下さい」と諦めて下さいと言いどうしても応じませんでした。 その数ヶ月後に県のホームページに各市の水道処理場の汚泥からの放射性物質検出量が載せられて水道局の管理体制が市から県に移るなどの隠蔽的なみっともない事が行なわれたのです。

私は建設業、水道、空調、下水道、消雪装置(設備)を扱う公共工事や民間工事の営業と現場監督の経験があって公共工事の業者間談合もやっていたので役所の屑公務員の誤魔化しや性質をある程度知っています。 本当に失敗を隠そうとします。そして平気で嘘や詭弁を言います。

北陸新幹線の設備大手ゼネコンの官製談合も私が某中小設備企業1社をある理由で公取に独占禁止法で告発、課徴金の問題があるので免責制度、実質的には法的には許されていない行政取引がある事を知っていたので大凡計画的にそう言う流れになるように告発してやったのです。 告発された業者は行政罰と談合罪の刑事罰は免れたがそれには別な情報、所謂大きな不法行為を代わりに提供しなければ罰せられてしまいます。
北陸新幹線の官製談合は再調査だったでしょう。 一度情報提供により調査をしたが談合の証拠を掴む事が出来ませんでした。 私が根本的な情報を教えてやったのです。 各業種組合と建設業協会です。 テレビでほとんどの情報が放映されていました。 所が自民党にとっては都合が悪いのです。 また公取も国民を欺く場合があります。 しかし県知事は負担した工事費用700億円を変換してもらう権利を得ました。私のおかげなのです。 

公務員は信用が出来ない部分が多くあり談合が毎回行なわれている事は承知しているのです。

とにかく日本人はもう一度大不幸を経験した方がいいのです。 私は大地震と大洪水を経験しました。 後は戦争だけです。 

大村京佑さんのユーザアバター

僕が言っている神道はもちろん、日本民族の精神に影響を与えた日本に千数百年以上続いている神道です。
大本教が神道系だったとしても、日本の千数百年以上の歴史の中で全国の神社に参拝した人の数と大本教の信者数を比較してみてください。
大本教が日本民族に与えた影響は限りなくゼロです。

北陸新幹線の談合を告発したのはTobyさんですか。
大きな公共工事は暴力団が絡んでいますから、告発は容易ではなかったと思います。
日本人はとにかく争いを避けることを優先させる民族です。
悪に加担して争いが避けられるなら悪に加担する。
正義を貫くことで争いが起きるなら正義を叩く。
そもそも日本には正義や悪の概念がなく、言ってみれば争いそのものが悪。
そういった文化は何度か悪に飲み込まれないと学習しないというTobyさんの考えは僕も同じ気持ちです。

時間がないので簡単に載せておきます。

大村さんは日本神道の事をする程度ご存知だと思うので数多くある神道系の某宗教理論で私も賛同している解釈なのですが大村さんが指摘している宗教、国家神道と言っても過言ではない靖国神社。 しかしこれは英霊の御魂を鎮魂する目的で建てられており背後には天皇。では天皇は天照皇大神なので実態は天照皇大神なのかと言えば実態は素戔嗚尊です。

素戔嗚尊は天照皇大神を倒そうとする過ちを犯して最終的にユダヤに移り民族を派生させたと言う解釈です。月に属す神で闇を象徴です。 そして朝鮮民族の神です。 本来の闇は休息の為の闇です。細かく言えばもっと複雑ですが。

なので靖国は右翼が守ろうとするのです。 右翼も山口組も天照皇大神を崇拝しているつもりですがあれは素戔嗚尊なのです。

あくまでも私は既存の数ある神道理論に対して意見を言っているつもりでこういう科学では証明できない神理論を信じているのかと言えば今のところハイとは言えませんが宇宙の構成の成り立ちは単に偶然的な活動により成り立っていると言えないと思います。

東京電力が最も最悪な三重水素、トリチウム汚染水の自然界放出をまた嘘の安全性を唱えて始めるかも知れません。

今まで支配者層は頭がいいと思っていたのですが、最近になってただのバカだということに気づきました
そしてそんなバカに支配される一般大衆は、それよりもさらにバカなだけだったんですね
自分の両親がいかに低レベルであるかを知ったとき、ショックを受けましたが
気づいてしまった以上、もう自分の力でどうにかするしかないですね

大村さんのブログは自分にとって気づきのきっかけになりました
ありがとうございます

大村京佑さんのユーザアバター

ひきこもりさん、はじめまして。

僕は今のこの狂った世の中で、敢えて引きこもりの道を選ぶのは間違っていないと思いますよ。
ねずみ講と何ら変わりのない年金制度。
従業員を疲れさせ、思考力を奪い、洗脳するブラック企業。
「働いたら負け」という発想は多分に真理です。
僕自身も一時期はひきこもり状態だったのですが、ただし時代がバブルだったので生活は楽でした。
自分にお金がなくても周囲の人が持っているのでいくらでも助けてもらえた。
しかし最近は周囲も余裕がないのでひきこもりも楽ではないでしょう。
下手すると命がけです。
今の時代に引きこもるのは大変だろうなあとつくづく思います。

引きこもりの強みは情報力です。
ネットと時間があれば、いくらでも情報を集められる。
僕などは8年前、ネットで見かけた海外のグラビア嬢を日本に呼んでお金儲けができました。
ただ今の時代、お金儲けはもう無理ですね。
これからはサバイバルです。
そしてそのサバイバルの面でもネットの情報は貴重です。
僕はネットの情報を大いに活用して働かない生活を実現しています。
お互いがんばりましょう。

Theme by Danetsoft and Danang Probo Sayekti inspired by Maksimer