You are here

加害者に甘い国?

日本社会は「加害者に甘い国だ」という声がよく聞かれます。
性犯罪者や通り魔に対しては、確かに過保護なケースがあります。

加害者の親が名士だったりすると、
加害者は精神鑑定に回すという名目で、社会から隔離されて、
すぐに人々から忘れ去られます。

被害者に保証はあまりなされず、泣き寝入りのケースが多いと聞きます。

市民への日常的な監視が厳しくなる傾向にあって、
それでもまだ、詐欺・通り魔などへの罰は緩いままになるのでしょうか。

フォーラム: 

通り魔でも性犯罪者でも、少女や少年を狙う者が増えた。最近は特にそういう事件が目立つ。妻子ある男や、肩書のいい仕事に就いている男でも実はロリコンでした、というのが多い。

ほとんどの成人は、立場の弱い相手を大事にして保護する。

一部の人間が、まだ幼い相手をエロスの対象として見るというのが、
どうしても理解できない。

アニメやゲームだけを批判するつもりはないが、
巷にはアニメ風の美少女キャラクターや、美少女の写真があふれている。

今の社会風潮に、ロリコンを容認させるような空気を感じるのは
私だけではないだろう。

猫やウサギや小鳥などの弱い生き物を惨殺する者も増えた感じがする。

人間の狂気や欲望がそうさせている、という理由だけではないと思うし、
逮捕された者の中には
冤罪もあるのではないか、とも考えている。

大村京佑さんのユーザアバター

またしてもロリコン犯罪が起きてしまいました。
もともと日本人にはロリコン志向があります、
それに加えて大人の性を抑圧した結果、日本人のロリコン志向が加速してしまった。
アニメやゲームはむしろ圧力制御弁の役割を果たしていると思いますよ。
禁止したらロリコン犯罪はもっと増えるでしょう。

大村京佑さんのユーザアバター

最近は厳罰化が実現しつつあるようです。
ただ、性犯罪に関しての厳罰化は僕は賛成しませんね。
たぶん逆効果だと思うからです。
性を押さえつけるから変態が増える。
日本はもっと性を開放すべきです。

Theme by Danetsoft and Danang Probo Sayekti inspired by Maksimer