日本教とは何か2

ブログカテゴリ

前回、日本軍の諸悪の根元は「員数主義」だったという山本七平の指摘を紹介しました。 では員数主義とは何か? 「数にこだわる主義」ではありません。 数にこだわるのはむしろ欧米人です。 英語と言う言語は名詞の単数形や複数形など、数にこだわりますね。 なぜ欧米人が数にこだわるようになったのか調べたことはありませんが、戦争の歴史に関係があるかもしれません。 戦争において日本は精神主義を強調しました。 一発必中の精神。 太平洋戦争中に強調された言葉に「百発百中の砲一門は百発一中の砲百門に勝る」というものがありますが、この言葉が嘘であることは真珠湾攻撃の作戦計画を立てた源田実が後から指摘しています。 百発百中の砲一門と百発一中の砲百門が撃ち合いをすれば、最初の攻撃で百発百中の砲は破壊され、ゲームオーバーなのです。 戦争に勝つために必要なものはまず兵力です。 小が大を倒すことはあったとしてもそれは例外であり、基本的には兵力が勝敗を決します。 欧米人が数にこだわる理由は、もしかするとここにあるかもしれません。 そしてそういった兵力の大切さについては旧日本軍もある程度は理解していました。 そこで出てくるのが「員数主義」です。 これは 「数さえ合っていれば中身はどうでもいい」 という考え方です。

日本教とは何か 1 原発といつか来た道

ブログカテゴリ

僕は今まで日本教は間違っていると言う話を何度もしましたが、そもそも日本教とは何かについての説明をしてきませんでした。 そこで今回は日本教について解説しようと思います。 今さらですが、日本には50数基の原発があります。 そして原発は停止中でも稼動中と同じように危険です。 福島原発が津波でメルトダウンしたというのは嘘で、地震でメルトダウンしました。 つまり、また大きな地震があれば、また原発はメルトダウンします。 日本は地震国ですので、いずれすべての原発はメルトダウンするでしょう。 福島の事故によってこのような現実が明らかになったにも関わらず、日本は原発の再稼動に向かっています。 この道はいつか来た道とまったく同じです。 日本は中国との戦争に勝てないと分かると、なぜかアメリカと戦争を始めてしまった。 表向きの理由はABCD包囲陣です。 しかし包囲されようがされまいが、どちらにしても中国との戦争は泥沼なのだからやめればいい。 konoe.jpeg しかし日本は戦争をやめず、さらに大きい相手に向かっていった。 アメリカと戦争をして日本が勝てる可能性はゼロです。 中国との戦争にも勝てないのに、なぜアメリカに勝てるのか。

東京の浄化と危険性。予言と地震学者の解説から

ブログカテゴリ

正月に東京の友人から電話があり、僕は東京に戻るべきだと言われました。 そこであらためて今年の東京の危険度を見直そうと思います。 まずは予言をチェック。 311東日本大震災を的中させた数少ない予言の中に、長田明子著「神々からのメッセージ 2 予言編」(2006/11)というものがあります。 沖縄の女医さんが日本中の神社を訪ねて神示を聞いたという預言書のようです。

エボラの目的はワクチンの強制接種?着々と進行する恐怖の計画

ブログカテゴリ

さて、今回は陰謀論の見地からエボラについて書きます。 まずは基礎知識として、2005年ロンドンのシティでの上級メーソンで話された計画を紹介します。

公然とオカルトを語り始めた世界のトップエリート

ブログカテゴリ

IMF専務理事のクリスティーヌ・ラガルドが今年の1月にワシントンのナショナルプレスクラブにて3分もの時間をかけてオカルト数秘術(numerology)を語りました。 世界のトップエリートが公の場でオカルトを語った話はとても重要だと思いますが、日本ではまだほとんど紹介されていないようなので、今日はその話をします。 まずIMF(国際通貨基金)という組織ですが、これは国家の上に位置するエリート組織です。 1997年に韓国が破産しかけた時、韓国はIMFに支援を要請して助けてもらいました。 陰謀論的に見てもIMFは世界政府の実働部隊です。 そのクリスティーヌ・ラガルドがジャーナリストを前にオカルトを解説したビデオを紹介します。 ビデオの中でラガルドは最初に「I'm going to test your numerology skills by asking you to think about the magic seven これから魔法の数字7について考えていただくことでみなさんの数秘術の腕前をテストします」と言い、それから今年2014年が数秘術的にどういう年かを語りました。

ビットコインの真の開発者はNSAに雇われた岡本龍明氏という説 その1

ブログカテゴリ
僕は昨年の10月から世界的金融大恐慌はもはやカウントダウンの状況だという話をしています。 ここに来て海外の陰謀系掲示板を見ると、その手の話で溢れんばかりなのですが、同じことを繰り返して話すのは好きではないので、今回のエントリーではその先の話をしたいと思っていました。 ドルや円が崩壊した後、世界経済はどうなるのか? ハイパー・インフレになる? 新しい通貨が登場する?

FEMAが大規模な緊急配備。アイソン彗星による太陽フレアを想定?

ブログカテゴリ
オバマのシリア制裁は第3次世界大戦に発展する可能性があり、またアメリカ財政の債務の崖もまもなくです。 これから何が起きるのか調べていたところ、アメリカの陰謀論系掲示板で「世界の終わりを予言する自閉症の子供」と言うビデオを発見しました。 http://www.abovetopsecret.com/forum/thread968438/pg1 ビデオはこちらです。
を購読