You are here

3月11日に重大なことが起きると警告していたリンゼー・ウィリアムス師。彼を利用して株で儲ける闇のエリート?

少し古い話ですが、リンゼー・ウィリアムス師が311東北大地震の2週間ほど前に、3月11日に何か重大なことが起きると警告していました。
アメリカでは話題になっていたものの日本ではまったく話題になっていなかったようなので、僕の推測を含めて書いておきます。

Lindsey Williams.jpg

リンゼー・ウィリアムス師は3月11日の2週間ほど前にCoast To Coast AMやアレックス・ジョーンズなどのネット・ラジオに出演しました。
Coast To Coast AMの方の発言はこちらです。

このビデオは2011/02/25 にアップロードされていますが、12:45あたりで司会者の質問に次のように答えています。

司会者 : 中東の各国がドミノ倒しのように倒れています。次はどこでしょう?サウジアラビアですか?

リンゼー・ウィリアムス : ハッハッ、そんなにダイレクトに聞いて欲しくなかった。でも答えます。ムスリム同胞団がサウジアラビアで3月11日を「怒りの日」と定めました。これはとても怖い。心配です。

怒りの日はデモの呼びかけです。
WSJはサウジにとってここ数年で最大の試練との記事を書いています。

サウジ、ここ数年で最大の試練に直面―11日は「怒りの日」抗議へ
http://jp.wsj.com/World/Europe/node_195007

闇のエリートたちが中東の政権を次々に倒している目的は石油価格の操作です。
そこでこのリンゼー・ウィリアムス師の発言を聞いた一般の人が、原油価格の動きについてビデオを作りました。

「リンゼー・ウィリアムスが3月11日に気をつけろと言っている」
RDL-03-01-2011-Lindsey-Williams-Says-Lookout-For-March-11th.mp4

怒りの日と原油高の関係については日本語でもニュースになっています。

8日相場見通し 原油高を嫌気、サウジの「怒りの日」への警戒感強まる
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0308&f=business_0308_031.s...

しかし結局、デモは広がりませんでした。

米株市場が反発、サウジのデモをめぐる懸念が後退
http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-19962320110312

結局、ウィリアムス氏の警告予言は外れました。
株価などの操作を狙って発言することを「ポジション・トーク」と言いますが、ウィリアムス師の警告予言はポジション・トークだったのかという見方もできるでしょう。
しかし3月11日に東北大地震があったことは事実です。
海外ではウィリアムス師の予測は本当は東北大地震のことだったのかと掲示板で話題になりました。

「リンゼー・ウィリアムスは津波地震を予言したのか?」
Did Lindsey Williams predict Japan EQ/Tsunami?
http://www.disclose.tv/forum/did-lindsey-williams-predict-japan-eq-tsuna...

僕はウィリアムス師が悪人だとは思いません。
彼は利用されているのではと思います。
そこで僕の推測ですが、もしかするとウィリアムス師の情報ソースは一石三鳥を狙ったのかもしれません。
情報ソースは3月11日に日本に地震があることを知っていた。
そしてその情報で儲けたかった。
事実、地震の前には建設株が上がりました。

震災前に建設関係株の出来高が急速に膨らむ 東日本大震災の発生を事前に知っていなければありえない
http://www.ne.jp/asahi/petros/izumi/arano/arano110421.html

皆様どう判断されますか? 株をやっている人なら一目で「信じられない!」と驚愕するはずです。
上に挙げた銘柄が揃って、3月4日前後に、上昇を伴いながら 商いが急速に膨らんでいます。株を知らない人に説明しますと、これは明らかに「インサイダー情報で仕込まれた」というべき現象なのです。というのも、これらの銘柄は、地震が起きた後に需要が急増し、地震後には大きく値上がりが約束されたも同然の建設や災害復興株ばかりだからです。上に挙げた以外にも調べれば、まだまだ沢山関連した銘柄が出てきます。明らかに何者かが、地震が起こる事を事前に知っていた証拠と成り得ます。この重大な事象を、出来るだけ多くの人達に情報拡散することが地震兵器の存在を世間に認知させる手助けになると思います。

しかし地震情報をそのままウィリアムス師に伝えると、他人に株が買われてしまって自分は儲けられない。
そこでウィリアムス師には「3月11日の怒りの日にサウジで何かが起こる」と教える。
そして原油の空売りか何かをして儲ける。
結果として、ウィリアムス師の情報ソースは建設株と原油の空売りでダブルで儲かる。
ウィリアムス師の予言は外れたけれど、まったく外れたわけではない。
だから人々は彼のことを信じ続ける。
闇のエリートはポジション・トークの操り人形としてウィリアムス師を再び利用できる。
以上が僕の推測ですが、いかかでしょう?
これはアメリカの話題の翻訳ではなく、僕自身の推測です。

ブログカテゴリ: 

Theme by Danetsoft and Danang Probo Sayekti inspired by Maksimer