You are here

NWO阻止のために日本人がすべきことはアメリカのキリスト勢力を応援することです。

前回の続きです。

ロスチャイルドと悪魔教の関係についてはマイケル・ジャクソンも自作の歌にしています。
下はwake up Japanさんがアップした「Money」ですが、歌詞とバックコーラスに隠されたメッセージに注意しながら見てください。
(埋め込みのままだと翻訳が表示されません。タイトルをクリックして新画面で見てください)

マネーのためならなんだってするんだ。
嘘だってつくし命だって捨てる。
悪魔に魂だって売るんだ。

ビッフェ、モルガン、ロスチャイルド、ロックフェラー、カーネギー

悪魔教の詳細については別の機会に譲るとして、とにかく今までの説明で「大富豪」「金融資本主義」「オカルト」の関係が理解できたと思います。
これらはまったく別次元の話のようで、実は表裏一体の関係にある。
陰謀論とは一見してマネーや権力の争いのように見えて、実は宗教戦争なのです。

キリスト教 対 悪魔教イルミナティ

ルシファー wiki
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%BC
Lucifer はもともと、ラテン語で「光を帯びたもの」「光を掲げるもの」(lux 光 + -fer 帯びている、生ずる)、「光をもたらす者」(lux 光 + fero 運ぶ)を意味する語

陰謀論を最初に日本に持ち込んだ人は故・太田龍氏ですが、彼はもともと共産主義者(反宗教)ですから、当然キリスト教の視点はありません。

otaryu.jpg

そして「なぜ共産主義者から陰謀論者に転向したのか」と聞かれると、「反アメリカで一貫している」と答えたそうです。
そのせいかどうか太田龍氏以降、日本の陰謀論のほとんどが「アメリカ対日本」の視点です。
しかし悪魔教イルミナティの目的はキリスト教アメリカの破壊ですから、「アメリカ対日本」の視点から見た陰謀論は陰謀に賛成すべきか反対すべきか迷うことになります。
反アメリカの日本人ならアメリカの滅亡は望むところでしょう。
しかし、悪魔教イルミナティは世界統一を目指しており、そうなれば日本も支配下です。
また、悪魔教イルミナティは中国にパワーを持たせようとしていて、それは日本人として気に食わない。
結局、反アメリカの人たちは陰謀に対して自分のスタンスを決めかねた末、ただ陰謀を煽(あお)って終わりなっているのが現状だと思います。

これを読んでいるあなたがアメリカをどう思っているかは分かりませんが、もしあなたがアメリカを嫌いなら、まずはアメリカをキリスト教と悪魔教イルミナティとに区別して考えてみてください。
日本に開国を迫ったペリー提督はロスチャイルドの親戚でした。
日露戦争で日本を財政的に援助したユダヤ系アメリカ人ヤコブ・シフはロスチャイルド家と関連が深く、彼が日本を援助した理由は帝政ロシアを倒すためでした。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%82%B3%E3%83%...
イスラエルのモシェ・バルトゥール駐日大使が1966年に着任した際には、昭和天皇より「日本人はユダヤ民族に感謝の念を忘れません。かつてわが国はヤコブ・シフ氏に大変お世話になりました」という発言を受けたという。

一方、アメリカの大多数のキリスト教徒は孤立主義を支持していました。
日本はおろか、世界に対してまったく興味がなく、自分たちの宗教にだけ興味があった。
しかし日本が真珠湾を攻撃したことにより、アメリカは孤立主義を捨てました。

pearlto911.jpg

CIAが設置され、アメリカは殺人を含めた秘密工作を世界中どこでも実行することが可能になりました。
国民は市民権が制限され、自由を奪われ、冷戦による軍拡、ベトナム戦争、イラク戦争と戦争に駆り立てられました。
日本が高度経済成長したことにより、アメリカの自動車産業その他が壊滅しました。
悪魔教イルミナティは日本にアメリカを攻撃させることでアメリカのキリスト教を破壊したのです。
ただし僕は日本が被害者だったとは考えません。
日本は明治維新にしても、戦後の復興にしても、御都合的に行動しました。
明治維新では日本が欧米化することでアジアを征服できると考えた。
戦後は朝鮮戦争やベトナム戦争の犠牲の上に復興しながら、それを自分の手柄と考えた。
日本人は自己主張しない代わりに自分の行為に責任を持たない面があります。
東電の社長が良い例です。
自分は歯車に過ぎない。だから悪くない。
しかしその主張は通りません。
人間は人間であって歯車ではないのです。
もしその理屈が通るようなら、歯車は機械なのだから機械(東電社長)を壊しても罪にはならないという理屈も通ると思います。
(そういえば酒鬼薔薇聖斗は「殺す」と言わずに「壊す」と表現していました。彼なりの日本人批判だったのでしょう)
これから日本は原発事故、経済破綻、石油の停止など、多大の苦難を味わうと思いますが、それは過去のカルマ(御都合主義)の結果であり、カルマを解消する方法はただ一つ、過去を反省してすみやかにアメリカのキリスト勢力を応援することだと僕は考えます。

ブログカテゴリ: 

Theme by Danetsoft and Danang Probo Sayekti inspired by Maksimer