公然とオカルトを語り始めた世界のトップエリート

ブログカテゴリ

IMF専務理事のクリスティーヌ・ラガルドが今年の1月にワシントンのナショナルプレスクラブにて3分もの時間をかけてオカルト数秘術(numerology)を語りました。 世界のトップエリートが公の場でオカルトを語った話はとても重要だと思いますが、日本ではまだほとんど紹介されていないようなので、今日はその話をします。 まずIMF(国際通貨基金)という組織ですが、これは国家の上に位置するエリート組織です。 1997年に韓国が破産しかけた時、韓国はIMFに支援を要請して助けてもらいました。 陰謀論的に見てもIMFは世界政府の実働部隊です。 そのクリスティーヌ・ラガルドがジャーナリストを前にオカルトを解説したビデオを紹介します。 ビデオの中でラガルドは最初に「I'm going to test your numerology skills by asking you to think about the magic seven これから魔法の数字7について考えていただくことでみなさんの数秘術の腕前をテストします」と言い、それから今年2014年が数秘術的にどういう年かを語りました。 (7:30から10:30あたり) [video:http://www.youtube.com/watch?v=ZUXTzVj5-uE] このビデオは直後にアレックス・ジョーンズのサイトで紹介されたものの、海外でもほとんど話題にならず、5月になってyoutubeにオカルトメッセージとして紹介されてから急にあちこちで話題になりました。 日本ではフルフォード氏が取り上げました。 そのビデオはこちらです。 「クリスティーヌ・ラガルドによるオカルトメッセージ」 [video: https://www.youtube.com/watch?v=QYmViPTndxw] このビデオの翻訳はシャンティ・フーラさんのサイトにありましたので、そちらを参照してください。 こちらではラガルドの言葉と、ビデオをアップしたACITHWOTE氏によるオカルト的解釈の両方を翻訳しています。 クリックして読んでください。

[Deus Nexus]IMFクリスティーヌ・ラガルドのスピーチにオカルト的メッセージ 〜シャンティ・フーラ翻訳チーム〜 http://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=69798

そもそも数秘術とは何か?

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%95%B0%E7%A7%98%E8%A1%93 数秘術(すうひじゅつ、英: Numerology)とは、西洋占星術や易学等と並ぶ占術の一つで、ピタゴラス式やカバラ等が有名である。「数秘学」とも言う。 一般的な占術の方法は「命術」で、占う対象の生年月日(西暦)や姓名などから、固有の計算式に基づいて運勢傾向や先天的な宿命を占う方法である。
「ユダヤ教」とカバラについて by 小石泉 http://satehate.exblog.jp/16250784/ 旧約聖書の片言隻句を取り上げて、主にプラトー、アリストテレスらのギリシャ哲学、古代エジプト、バビロニアの宗教、占星術、魔術などをミックスした極めてオカルト的な宗教に、それだけは馬鹿に強烈な選民意識を合わせたものがカバラ、変質したユダヤ教なのである。

陰謀論と数秘術の関係は知っている人は知っていますね。

カバラの数秘術で、666の謎を解く http://blog.goo.ne.jp/gemi2011/e/53293a5d1badaa87cb6169465df853a3 【日本の硬貨の合計】 1円+5円+10円+50円+100円+500円=666円 【日本の紙幣の合計】 1000円+2000円+5000円+10000円=18000円 18=6+6+6 【日本の硬貨と紙幣の合計】 666+18000=18666円 1+8+6+6+6=27 27=9+9+9・・・ひっくり返すと666 【コンピューターのWWW】 アルファベットのWは、ヘブライ語で6を表すので WWW=666となります。 【バーコード】 数字の付いていない左端・中央・右端が666なのだそう。

ラガルドはビデオの中で「2014年は歴史的一里塚であり、魔法の年になるかもしれない」と言っていますから、今年「世界通貨リセット」が起こる可能性は大いにあります。 彼女がこうして公然とオカルトを話し始めたのも、もはや隠す必要がないからなのかもしれません。 ACITHWOTE氏によるオカルト的解釈では「IMFは7月20日(次の日曜)に何かを計画している」とのことで、僕も最初にこれを見たときは身構えました。 しかし日時の警告に関しては今まで何度もはずれを見てきたので、今回も話半分に見ています。 iPhoneに搭載されている音声アシスタント機能Siriに「2014年7月27日」と話しかけると「地獄の門が開く」と答える件も恐ろしい話ですが、あまりにあからさま過ぎて7月27日に何かが起こるとは考えづらいところがあります。 [video: http://www.youtube.com/watch?v=kk9ptvpKQAY] ただ、今年ももう後半に入っていますし、今年何かあるならそろそろ起こってもおかしくはないだろうなとは思っています。 みなさんもお気をつけください。

日本、成長戦略実行を=消費税10%不可欠―IMF年次報告
http://news.goo.ne.jp/article/jiji/business/jiji-140801X011.html

[無断転載]
【ワシントン時事】国際通貨基金(IMF)は31日、日本に対する年次経済審査の報告書を発表し、成長戦略と中期的な財政健全化計画の実行を要請した。安倍政権による財政出動などを評価しつつ、持続的に構造・財政改革に取り組むことが「アベノミクスの成功に不可欠」と強調した。

 報告書は安倍政権が6月に更新した成長戦略について、法人税率引き下げの詳細などを具体化するよう要請した。政権発足以来の構造改革は、潜在成長率を約1%引き上げる効果を持つと試算した上で、成長率の上乗せには「一段と野心的な改革が必要」と指摘。女性などの労働環境改善、投資や農業分野の規制緩和などを求めた。環太平洋連携協定(TPP)による貿易自由化は成長率を年0.2%高めるとの見通しも明らかにした。

 財政に関しては2015年10月に予定される消費税率10%への引き上げが不可欠と強調。その後も「財政リスクを抑えるにはさらなる健全化が必要」と言及し、消費税率を少なくとも15%に引き上げる案を提示した。

財源、効果に問題あり、軽減税率に異論続出
http://toyokeizai.net/articles/-/43341

記事の内容にイライラしすぎて何を書こうとしたか忘れてしまいましたが取りあえずコメントしておきます。

一言、詐欺師の機関集団です。 アベと言う男は恥ずかしげもなく嘘を公言し続けています。 原発問題でも再稼働を早急にさせようとしているアベとは反対に狸の妻、首相夫人、昭恵と言う狸女は原発再稼働に反対を示したり他国民が批判的な詐欺師アベ筆頭の政策に疑念を示したりとあたかも首相夫人は旦那の行なおうとしている政策を反対しているんだと思わせているとんでもない狸女なのです。 夫婦で打ち合わせしている共演なのです。 日本国民は単純かつ馬鹿なので騙されやすくまた勘違い良い子ちゃん意識が強いので偽善者を装い国の悪政が実行されてしまいがちになっているのです。

商工会議所など経済関連団体が軽減税率反対をとても信じられない理由で取りましたがこれも犯罪政党自民党の工作を疑ってしまいます。 一律10%で確実に売上が落ちるはずなのに作業コストの方がマイナスになると言う試算がとても考えられません。 セブンイレブンオーナーに聞いたら軽減税率を行なわなかったら確実に売上が落ちていまい作業コスト云々なんて言ってられなくなると言っていました。

日本は狭い国土の中に多くの原子炉を設置しているキチガイ国家です。 しかし原発ゼロはたぶんしない方が良いかも知れません。 太陽ソーラーでは現実は賄いきれないかも知れません。 太陽電池技術は意外に進んでおらず曇りでも蓄電できるぐらいでなければ駄目でしょう。