You are here

日本教とは何か 1 原発といつか来た道

僕は今まで日本教は間違っていると言う話を何度もしましたが、そもそも日本教とは何かについての説明をしてきませんでした。
そこで今回は日本教について解説しようと思います。

今さらですが、日本には50数基の原発があります。
そして原発は停止中でも稼動中と同じように危険です。
福島原発が津波でメルトダウンしたというのは嘘で、地震でメルトダウンしました。
つまり、また大きな地震があれば、また原発はメルトダウンします。
日本は地震国ですので、いずれすべての原発はメルトダウンするでしょう。
福島の事故によってこのような現実が明らかになったにも関わらず、日本は原発の再稼動に向かっています。

この道はいつか来た道とまったく同じです。
日本は中国との戦争に勝てないと分かると、なぜかアメリカと戦争を始めてしまった。
表向きの理由はABCD包囲陣です。
しかし包囲されようがされまいが、どちらにしても中国との戦争は泥沼なのだからやめればいい。

konoe.jpeg

しかし日本は戦争をやめず、さらに大きい相手に向かっていった。
アメリカと戦争をして日本が勝てる可能性はゼロです。
中国との戦争にも勝てないのに、なぜアメリカに勝てるのか。
国家の安全を図ると言う意味では、そこに合理的な根拠はまったくありません。
無理にでも合理的な根拠を求めようとすれば、おそらく日本が中国との戦争をやめれば、明治からの日本の歩みが間違いだったと認めることになったからだと思います。
以前、戦艦大和の沖縄特攻には合理的な根拠はなかったという話をしました。
戦争が終わった時点で戦艦大和が残っていれば、それは帝国海軍の失策の明白な証拠です。
戦艦大和の沖縄特攻は帝国海軍の失策の証拠隠滅だと思います。
日本がアメリカと戦争を始めたのも同じ理由でしょう。
日本教の本質は無責任御都合主義です。
誰も失敗の責任は取りたくない。
日本の指導者たちは明治からの日本の歩みを正当化するために、敢えて国が滅びるという選択をして失敗の責任を回避したのです。
一億玉砕。
間違いを認めるくらいなら全員が死ねばよい。
これが日本教の恐ろしさです。

日本教の概念を初めて私たちに示したのは戦後初のベストセラー、山本七平の『日本人とユダヤ人』(1970年)です。

(イザヤ・ベンダサンはペンネーム)

この本は日本人の常識がユダヤ人にとっては非常識であるというということを説明するために書かれた本で、「日本の常識は世界の非常識」という言葉を生み出すきっかけにもなりました。
この本で指摘された
「日本人は安全と水をタダだと思い込んでいる」
は出版から40年後の今、放射能汚染という形で現実化しています。
この本は日本教の存在を初めて世界に提示した本ではありますが、日本教がどのような宗教で、どのような欠点があるかについて詳しく説明されているわけではありません。
ヒントは豊富ですが解釈には努力が必要です。
少し抜粋します。

山本七平『日本人とユダヤ人』

ユダヤ人が庶民一人一人に至るまで、はっきりユダヤ教徒という自覚をもつに至ったのは祖国喪失の後である。

(中略)

日本人はそういう不幸に会っていないから、日本教徒などという自覚は全くもっていないし、日本教などという宗教が存在するとも思っていない。その必要がないからである。
しかし日本教という宗教は厳として存在する。これは世界で最も強固な宗教である。というのは、その信徒自身すら自覚しえぬまでに完全に浸透しきっているからである。

(中略)

宣教師はよく日本人は無宗教だというし、日本人もそういう。無宗教人などという人種は純粋培養でもしなければ出来ない相談だし、本当に無宗教なら、どの宗教にもすぐ染まるはずである。

(中略)

私は冗談を言っているのではない。日本教の中心にあるのは、前章でものべたように神概念ではなく、「人間」という概念なのだ。

(中略)

川端康成氏がハワイの大学で言ったことをお忘れなく。日本では「以心伝心」で「真理は言外」であるのだから。従って、「はじめに言外あり、言外は言葉と共にあり、言葉は言外なりき」であり、これが日本教『ヨハネ福音書』の冒頭なのである。

日本教の中心が人間であるとはどういうことか?
ユダヤ教やキリスト教の「神」が聖書が規定する「神」だとすれば、日本教の神は「人情」であり「和」だということです。
人間の感情こそが、日本人にとっての神なのです。
感情は説明できません。
感情は変化します。
つまり日本人の神様は説明ができず、また常に変化します。
日本人の神様は言葉で説明できず、また常に変化するとすれば、そこには都合のよい解釈が入り込みます。

山本七平は学徒少尉としてフィリピンで戦い、戦記も書いています。
日本人論と言えば、ルース・ベネディクト『菊と刀』、土居健郎『「甘え」の構造』、中根千枝『タテ社会の人間関係』などが有名ですが、その中に山本七平の戦記が含まれないのは間違っています。

山本七平「一下級将校の見た帝国陸軍」

陸海を問わず全日本軍の最も大きな特徴、そして人が余り指摘していない特徴は、「言葉を奪った」ことである。
日本軍が同胞に犯した罪悪のうちの最も大きなものはこれであり、これがあらゆる諸悪の根元であったと私は思う

「言葉を奪う」とはどういうことでしょう?
それは人に嘘を信じさせ、また自分も信じ込むと言うことです。

山本七平「日本はなぜ敗れるのか」

精兵主義は確かにあった。しかしその主義があったということは、精兵がいたということではない。全日本を覆う強烈な軍国主義があった。だがその主義があったということは、強大な軍事力があったということではない。

ところが奇妙なことに、精兵主義があれば精兵がいるということになってしまい、強烈な表現の軍国主義があれば、強大な軍事力があるということになってしまう。(中略)そしてこの奇妙な現象が日本の敗因の最大のものの一つであった。

火力その他から厳密に計算して、日本の師団のうち海兵師団と対等でありうるのは一、二個師団、と公然と発言する者がいれば、それだけで、その者は日本国民の資格のない者、すなわち非国民であった

小松真一「虜人日記」

形式化した軍隊では『実質よりも員数、員数さえあえば後はどうでも』という思想は上下を通じ徹底していた。員数で作った飛行場は、一雨降れば使用に耐えぬ物でも、参謀本部(大本営)の図面には立派な飛行場と記入され、又比島方面で○○万兵力必要とあれば、内地で大召集をかけ、なるほど内地の港はそれだけ出しても途中で撃沈されてその何割しか目的地に着かず、しかも裸同様の兵隊なのだ。
比島に行けば兵器があるといって手ぶらで日本を出発しているのに比島では銃一つない。やむなく竹槍を持った軍隊となった。日本の最高作戦すらこの様に員数的なのだ……」

日本は現実の数字を無視して自分に都合の良いストーリーを作り、それを真剣に信じ、そして負けたのです。
つまり、日本の御都合主義こそが日本が負けた原因だということです。

続く

ブログカテゴリ: 

コメント

今更な時期にコメントすることをご了承ください。
主に歴史認識についてご意見させて頂きたく思います。

太平洋戦争は紛れもなく、ABCDラインによる経済封鎖に対抗するための自衛戦争でした。
ではなぜ勝てない相手に戦争を挑んだのか、それは「日本が欧米列強の要望通り退いたらアジアが欧米の植民地になること」を恐れたからです。
当時アジアにまで欧米列強の植民地被害が進む中で、日本は何とか抑えたかった、それがあの戦争です。
あのままでは日本も危うかったですので。

日韓併合も、その前の日清戦争で独立させたのに、ロシアに併合されようとしているのを防ぐためのものでした。
経営史的な観点から言っても、資源は中国で十分であり仮に日本が資源欲しさに朝鮮大陸に矛先を伸ばしたのなら、朝鮮を併合する必要はありませんでした。
実際、朝鮮投資はほとんど赤字です。

そしてなぜ日本はあそこまで困窮するまで戦争を止めなかったのか、それは止めた後の欧米列強の植民地化への恐怖です。
実際、ヤルタ会談などでは日本4分割統治まで話し合いがされていました。

以上のように日本は決して自分の都合と無知、宗教観で侵略し、戦争をし、長引かせたわけではありません。
相応の理由があるわけです。
ですが、日本は敗戦国ですので、欧米列強の戦争行為の正当化の代償として日本「だけ」が悪いという歴史がまかり通っている。
これが今の戦後の歴史観です。

日本があそこまで戦い抜けたのは、日本人の高い精神性と素養があったからこそ。
だからこそろくに資源もない中で零戦という一時期世界を圧倒させたものができ、そして日本軍の頑強さも相手を圧倒させました。

決してあの戦争や情報統制を正当化するわけではないですが、こうした日本の精神性の高さは誇るべきことではないでしょうか。
そういう情報統制は日本に限らず世界にもあったと思いますよ。

大村京佑さんのユーザアバター

コメントはありがたいです。
議論に深みが出ますからね。

>ではなぜ勝てない相手に戦争を挑んだのか、それは「日本が欧米列強の要望通り退いたらアジアが欧米の植民地になること」を恐れたからです。

そもそもまず日本が朝鮮や満州を植民地化していたわけです。
朝鮮も満州も日本に助けてもらったとは思っていません。
世界中もまた、日本がアジアを助けていたとは見ていません。
国際連盟では日本以外のすべての国が「日本は満州から手を引くべきだ」と意思表示し、日本は連盟を脱退しました。
つまり、日本がいくら「自衛」と主張しても、世界は「日本こそ占領者」と見ていたわけです。

僕は日本教をカルトだと考えていますが、これこそカルトの怖さです。
カルト信者は自分では人助けをしているつもりです。
相手を脅迫してでも信者に取り込もうとする。
しかし相手から見ればそれは余計なお世話。
カルト教団は「人のため」と言いながら、実は奴隷を増やしたいだけに過ぎません。
日本は「アジアのため」と言いながら、実はアジアを征服したかっただけです。
しかも日本の占領政策は欧米よりも高圧的でした。
フィリピンなどは、同じ植民地化されるなら、日本よりも欧米が良いと考えていました。
士農工商のメンタリティで植民地化されたらたまったものではないからです。
朝鮮については日本は朝鮮の皇太子妃を殺しました。
たとえばアメリカが黒船で日本に来た際、将軍家や皇室を脅すことはしていませんでしたね。
しかし日本は朝鮮王族を殺すようなことまでしているのです。
これが欧米の植民地経営と日本の植民地経営の違いです。
日本の植民地経営は野蛮極まりないのですが、日本人は自分こそ被害者だと思っている。
地下鉄にサリンを撒いて人を殺しても、自分こそ被害者だと思っているカルト信者とあまり変わりないように僕は思いますよ。

>そしてなぜ日本はあそこまで困窮するまで戦争を止めなかったのか、それは止めた後の欧米列強の植民地化への恐怖です。

岡本喜八の「日本のいちばん長い日」は今まで何度か見ていて、つい先日も見ましたが傑作ですね。
黒沢年男のキレた演技が最高です。
ichiban.jpg

原田リメークの方は見ていませんが、当時の狂気を演じれる役者はもういないと思います。
アメリカの占領政策があまりに寛容だったため、今ではもう想像しづらいですが、当時の日本人の敗戦の恐怖は大きかったでしょう。
「一億玉砕」も当時はそれなりに根拠のある考え方だったと思います。

>日本があそこまで戦い抜けたのは、日本人の高い精神性と素養があったからこそ。

しかし日本人に高い精神性があったとしたら、そもそも日本はなぜ負ける戦争を始めたのでしょう?
国連を脱退して世界を敵に回したのはなぜ?
僕は日本教はカルトだと考えています。
カルト信者にとって、教義を失うことは恐怖です。
その恐怖が一億玉砕に結びついたと考えます。
日本人は忠臣蔵など、集団死への憧れもあります。
究極の連帯感なのでしょう。
カルト、連帯感、集団死への憧れ、、、
そういったものが徹底抗戦論につながったと考えます。
原爆が落ちなければもう日本はなかったかもしれません。

Theme by Danetsoft and Danang Probo Sayekti inspired by Maksimer