You are here

現実無視かパニックか。適度な危機感が持てない日本人

僕がジョセフ・ティテルやミッチェル・クームスを紹介したのは、次の地震の場所や時間を的中させるためではありません。
来ると確信したら準備をして欲しいからです。
しかし僕が予言について書くと、ブロガーや2ちゃねらーは準備に向けて動くのではなく、予言をより悪い方へと改変して拡散させます。
ティテル予言は翻訳ブロガーによって余計な文章が付け加えられ、クームスについても勝手に警告が作られて拡散しました。
僕は記事のタイトルに「カウントダウンが始まりそうです」と書きました。
「始まりました」ではありません。
「始まりそう」です。
しかし一部の人たちは「始まった」と思い込んだ。
目の前にあるものが見えていない。
これがパニック心理です。
このパニック心理の証拠はいくらでもあります。
これはその一つですね。
http://kayskayomura.com/node/196#comment-1662


カレイドスコープさんが僕に対してお怒りのようですが、カレイドさんも目の前にあるものが見えていない。
http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-1189.html
僕の発言がすべてカレイドさんに向けられたものだと思い込んでいる。
僕の発言は2ちゃねらー、井口ブログ、陰謀ブログ一般に向けたものであり、カレイドさんに対してはハッカークームスをオカマ霊能者と間違え、クームスは実在しないと結論したことを指摘しているに過ぎません。
カレイドさんはそれが見えていない。
見えていないだけならまだしも、「証拠保全」「犯罪行為」「釈明をしないのであれば次の措置に取り掛かる」などと言った不穏当な言葉を発しています。
これは裁判を意味しているのでしょうか?
しかしカレイドさん、あなたは匿名ですよ。
僕は実名です。
そこは見えていますか?
僕は実名ですから法律の保護の対象ですが、匿名のあなたは法律の保護の対象でしょうか?
裁判をしても、僕が一方的に勝つだけかもしれませんよ。
カレイドさん、とにかく冷静になってくださいね。


今現在、福島はとてもヤバイ状況です。
南相馬の女性が自分の髪が抜け、歯が抜け落ちる状況をブログで報告するまでになりました。

numayuha.gif

ぬまゆのブログ その3
http://numayu.blogspot.jp/
ぬまゆのブログ その2
http://blogs.yahoo.co.jp/kmasa924

しかしマスコミは平静です。
ネットは騒いでいるものの、福島の危険を認識している人たちが関東から避難しているようには見えません。
岡山への避難者はごく少数(千人?)です。
なぜ関東の人たちは逃げないのか?
同調主義や「一所懸命」など、理由はいくつもあると思いますが、パニックを恐れるという理由は大きいと思います。
日本人は危険に対処する際、適切な緊張感で行動することができない。
少しの危険でパニック状態になるため、危険をまったく無視する行動に出てしまう。
戦争中の日本軍がそうでした。
ギリギリまで平静を装う。
そして最後の最後になると、今度は逆に自殺的行動に出る。
なぜ日本人はバンザイ突撃をするのか?
それが効果的な戦術だからではありません。
敵に攻撃される緊張感に耐えられないからです。
日本人には中間が無い。
現実無視の平静かパニックだけ。
歴史の本から引用して詳しく検証したいところですが、今日はとりあえず手元の山本七平からバンザイ突撃について引用します。

yamamotoshitihei.jpg
「狂う」! 狂うとは何であろうか。私は、不幸な分裂症の女性と隣り合わせで育ったので、その初期の一特徴を知っている。それは自己の「見方」の絶対化・神聖化であり、見方の違う者は排除し、自分の見方に同調する者としか口をきかなくなる、という状態である。そして自分の「見方」にだけ従って、あらゆる問題を片づける。

(中略)

しかし実態としての対象は、どうしても「心的秩序」通りに片づかない。すると、「社会の壁は厚かった」などと言って自分の気持を片づけるわけだが、軍事行動ではこれが、自分を、自軍を、本当に片づけるという形になってしまう。ノモンハン末期の小松原兵団長の行動は、すでに作戦行動とはいえず、「自分を片づける」という形になっている。レイテにもそれと見える現象があり、また数多い「バンザイ突撃」もそれである。

『一下級将校の見た帝国陸軍』より

ブログカテゴリ: 

コメント

こんにちは。
大村さんは冷静なお方で、本当に安心をいたしました。

これからも応援をさせていただきますので、生意気ながら
今後も勉強をさせていただきます。

大村京佑さんのユーザアバター

誰の言っていることが本当なのか分からないときは、目を閉じて魂のささやきに耳を澄ませてください。
心正しき人なら正解が聞こえてきます。

私は過度の心配のストレスなどから何もできなくなったり病気と診断される状態になってしまう事があるのですが、大村さんのブログなどを読んで思う事は、自分ではパニックや抑うつ状態に入ってしまう状況から、記事を読んで一旦冷静になり、かつ何をどう見て何を見いだし行動し、対応あるいは備えればよいかを考え行動できるような状態になれる事が、とてもありがたいと思っています。

大村京佑さんのユーザアバター

あなたが心正しき人なら、あなたは善霊に守られています。
心配することなど何も無いのですよ。

昔の日本人だけでなく、アフガンやイラクなどで戦った現代のアメリカの兵士だって狂って銃を乱射したり精神的に病んで自殺したりするケースはあるみたいですよ、戦場という環境が問題であって、日本人がパニックというのは違うと思います。

なぜ逃げないか?については日本人をよく知る大村さんならすでに知ってるはずです。
批判だけでなく、ぜひとも解決策をご教授お願いします。

大村京佑さんのユーザアバター

最近の若者はバンザイ突撃も知らないのかな。
空母を知らない20代女子と会ったことがあるから驚かないけど、僕のブログを読むなら基本的な歴史の本を読んでからにしてください。

知りませんね、バンザイ突撃をしったところで、現代の前線で戦う兵士と何か違いがあるのでしょうか?

そもそも、現代人と戦時中の日本兵を並べるのがナンセンスですね。

 大村さんのブログを勘違いした人が、2ちゃんねるやツイッターでデマを拡散させてしまったことはわかりました。
 しかし、これは日本語の微妙なニュアンスの問題であると思いますが・・・。
 事実、クームスのカウントダウンは始まっていません。ですが大村さんは、クームスの警告がFBでされ、真っ先にブログでクームスのことを紹介しました。そして間もなく、「カウントダウンがはじまりそう」というブログをアップされましたよね。
 「はじまりそう」という言葉に、地震や陰謀論について敏感な人は焦りを感じてしまうのではないでしょうか?すぐ事が起こると思ってしまったのでは?
 大村さんのクームスに関するブログを振り返ってみると、ソースがいまいちわからない、クームスの警告が的中したことだけ抜粋してきている、危機感ばかりを煽る文面、分単位の的中について確たる結論が出ていないにも関わらず記載し間違いは追記されている・・・
 大村さんはクームスのことも陰謀論のことも熟知されているでしょうが、今回はデマを広げてしまった一人ではないのでしょうか?
 カレイドさんも大村さんも互いのことを悪く言い合っていて、こちらからするとどっちもどっちです。大村さんが匿名ではないからと言って、問題がないというわけでもないと思いますが?
 クームスについてのブログも、このブログも大村さんは冷静ではないですよ?

大村京佑さんのユーザアバター

クームスのアカウントへリンクを張っているにも関わらず、「ソースが分からない」などと言っているあなたはインターネットを見るべきではありません。
少なくとも僕のブログは読まないで下さい。

3月20日がある1週間、私は仕事がなかったのであなたのサイトを含め、いくつかの陰謀サイトをみていましたが、大村さんのおっしゃる通りですよ。他のサイトが勝手に20日の危機説に結び付けて早とちりしただけです。確かに、日本人は危機的状況になると冷静に判断できないのかもしれませんね。私も日本人ですが。

20日はユダヤ?にとって特別な日であって、テロがあるかもしれないとか、様々な噂が飛び交っていたんですよ、こんなのいつもの話だったはずです。
なので危機説は大村さんのサイトからではなく、むしろ他の要因のほうが大きかったと思います。
単純に、クームスに動きがあった、20日頃警戒して、でも何もなかった、それで一安心ということで良いと思うのですが。
他のサイトまで巻き込んで表現の仕方がどうのこうの、大騒ぎするような話ではなかったと思います。

こんにちは。しばらく前からブログを拝見しています。
私は大村様のブログを読んで勉強になったことが
おおくありますし、情報というのはできるだけ集めて自分なりに
分析してこそ、初めて生きるものだと思います。
こちらのブログを見ても、おしつけがましい記載はなかったです。
可能性は可能性として取るべきではないでしょうか。

そして大村さんのものの味方を、自分の参考にしています。
それと、情報を提供してくれる人がどうこうより、
大事なのは情報を分析した自分なりの回答だと思います。
個人的にはせっかくの情報提供の場、冷静になって皆に有益な情報交換が
できるといいなと思います。

私は福島出身で、現在関東在住です。
震災からの一年、振り返ってみれば地の足の着かない、精神的にも相当参った状態であったにもかかわらず自覚できないほど混乱した日々だったことをつい最近自覚したところです。
両親は現在も福島市に住んでおり、私もまた関東に住んでいます。
危険であること、本来ならそこにいるべきではないこと、まして両親は!
でも動けない。どう動いたらわからない。考えることを止めたら負けてしまうことはわかっているのに
「考える」ことが思考することそのものを止め、行動することを止めてしまっているのが現状です。
まさしく、これこそがパニックというやつですよね。
父はつい最近ガンを発症し、手術しました。かつて喫煙者でしたから一番の原因はそれでしょう。
でもどうしても原発事故と一緒くたに考えてしまう・・・そうして恨みを募らせ行き場のない怒りを抱える。
怒りと共に自らの本来すべき判断力まで行き場を見失ってしまっています。

すみません、単なるコメント汚しでした(^^;

大村京佑さんのユーザアバター

福島の方からコメントをいただいたのは初めてだと思います。
どうもありがとう。

昨年の夏ごろ、福島の人たちはなぜもっと怒ってくれないのかと思っていました。
というのも当時は一般的な認識として被害は福島に限定されていたので、直接の被害者である福島の人たちが怒っていない状況で首都圏の人間が怒ることは、他人のトラブルに横から介入するような感覚があったからです。
(今では首都圏の人間も直接の被害者として東電に怒りを表明できますが)
しかしこれは僕のような比較的安全な場所にいる人間による無理解であり、現地の人はとりあえず身を守ることに精一杯で怒る余裕すらなかったのだと思います。
また、福島の人たちは自分たちが怒ることで東京の電気が足りなくなるなどと考え、怒りを抑えていた部分もあったかもしれません。
とにかく、今、あなたがようやく心に余裕が出てきて怒りを感じているなら、ぜひそれを表明して欲しいと思います。
僕ももっと怒ります。
あなたももっと怒ってください。

大村京佑さんのユーザアバター

カレイドスコープに関していくつかコメントがあったので、ここにまとめて転記します。
この件に関してはこれで終わりにします。

カレイドさんに完敗ですね(^^;)

刑事告発は、まずいです。。
今のうちに・・謝罪するべきだと思いますよ。

どうやら、僕を刑事告発するらしいですね。
http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-1191.html

彼は法律関係はまったくの無知のようです。
警察の捜査を楽しみに待っています。

残念ですが、あなたの負けでしょう。カレイドさんの言っていることにあなたは完全なる反論がこれまでできていない。ただ裁判がどうとか、相手をけなしているレベルだ。

バカの壁ってありますね。
理解力の無い人に完全なる反論は無理です。

残念ながら・・・私にはカレイドスコープのほうが正しいと思いました
(大村さんの反論が無い現時点では)

上への回答と同じです。

Mitchell Coombes に このメッセージを送ったら クームスのページが消えました。
関連?
It stopped at eyes by chance.
Please see by each of your criterion of judgment.
About Fukushima.               
http://www.youtube.com/watch?v=kMh-Gto3TVY&feature=player_embedded#!
..

ミッチェル氏のFBアカウント無くなっちゃいましたね(汗

おはようございます。
最近ちょくちょくコメントさせてもらっている者です。
今日から名前を付けてみました。

ミッチェル氏自らアカウントを削除したのか、それとも何処ぞから圧力がかかったのか気になります。
あれだけのことを書いていたら命の心配もありますよね。

無事でありますように。

こんにちは。
午前にミッチェル氏のFBアカウントの件でコメントしましたが、現在は復旧しているようですね。
お騒がせしました。

運営側で何かひっかかった等のトラブルでしょうか。
少し気になりつつ、静観したいと思います。

Theme by Danetsoft and Danang Probo Sayekti inspired by Maksimer