You are here

的中したのに話題にならなかったエド・デイムス少佐の福島原発事故予言

2ヶ月前に書いた巨大太陽フレアの件についてさらに詳しく調べていたところ、10数年前から巨大太陽フレアの発生を予言していたリモート・ビューアーのエド・デイムス少佐が日本の原発事故を予言していた記事を発見しました。
ちょうど1年前、2012年3月31日のヤスの備忘録です。

http://ytaka2011.blog105.fc2.com/blog-entry-239.html

私は日本のテレビに出演するため、2003年に日本に行った。そのとき、東京の大地震の可能性を遠隔透視してみたが、結果は巨大な地震は来るものの東京は あまり被害を受けないということであった。だが、原子力発電所が破壊され、チェルノブイリを越える放射能漏れがあるとの透視結果を得た。まさにその通りになった。

1年前と言えば僕が書いたミッチェル・クームスの記事が話題になっていた時期ですから、このテーマの予言についてネットの関心は高かったはずです。
ヤスの備忘録は僕のブログより読者は多いはずですし、エド・デイムス少佐が日本のテレビに登場していたならそんな人物の予言は話題になって当然ですが、彼の予言はまったく話題にならなかった。

eddames.jpg

グーグルヒット数で比べても一目瞭然です。

ジョセフ・ティテル  - 33,700 件
ミッチェル・クームス - 18,100 件
エド・デイムス   - 1,450 件

「透視したけど放映されなかった」は本人の自己申告に過ぎませんからそのままでは信用できないとしても、誰かが検証してよい内容ではあると思います。
しかし誰も検証しなかった。
不思議ですね。
予言を検証しようなんて物好きは、実は僕ぐらいしかいないということなのでしょうか?
まあとにかくそんなわけで、エド・デイムス少佐の予言を検証してみようと思います。
まずはエド・デイムス少佐のビデオ。

画面のキャプションから彼が登場した番組を検索すると、こちらのページがヒット。

http://www.h5.dion.ne.jp/~hirorin/esp-quake.htm

そして、2003年11月26日テレビ朝日系で「スイスぺ! 国民的SOS! 巨大地震が東京を襲う! 世界の超能力者 日本のXデー警告予知スペシャ ル」と銘打った特別番組が報道されました。

たぶん、10年前のこの番組に出ていたのだと思います。
この時の番組スタッフに話を聞ければ良いのですが、とりあえず難しいので英語のサイトを検索しました。

http://www.coasttocoastam.com/show/2003/11/08

Date: 11-08-03

He also said he has remote viewed a major earthquake in Japan, that would occur in late Spring 2005, and damage a nuclear reactor.

また、彼は2005年の晩春に起こる日本の大地震と原子炉の損傷を予言した。

上のページはアメリカの超常現象・陰謀系ラジオ番組Coast to Coast AMの2003年の11月3日の番組説明です。
そこに音声ファイルが存在する以上、嘘はつけません。
発生の時期については予想を外しましたが、地震と原子炉損傷は当てています。
そもそも本人は時期の予想について「正確な時期は透視できない」と言っています。

http://ytaka2011.blog105.fc2.com/blog-entry-239.html
無意識にははきりとした時間感覚はない。したがって無意識にはアクセスする遠隔透視では、いつ出来事が起こるか正確なときまでは分からない。もしかしたら将来私の生徒達が時間を正確に特定できるようなスキルを開発するかもしれないが、いまの段階では無理だ。

エド・デイムス少佐は福島原発事故予言を的中させたと言って差し支えないと思いますがいかがでしょう?
彼の予言している内容は太陽フレアとか日本の経済破綻とか、僕の予想している内容と共通している感じなので、これからさらに検証しようと思います。

ブログカテゴリ: 

コメント

これが予知能力だと思いますよ。時間や場所を正確に当てなければ予知能力とは言えないとか地震や津波の大まかな予測、それに付随した形で狭い日本国土内、全ての原発が海沿いに立地している為に原発が被害に遭うと言う予測は出来やすいとか、確かにそう言えなくも無いですが予知的な能力のある人はリアルな夢や強い不安感に駆られ圧力がかかるような感じのインスピレーションが起きてそれがぴったりとはならなくても実現したりとそういう感じだと思います。

松原照子さんの予見はやはり私が思っていたようなパターンでした。「不思議な世界の人からの・・・」と伝達やインスピレーションで予見されているみたいですが心理学的な見地からみれば自分の中で発想していると捉える事もできるが霊的な存在は否定は出来ない。

しかし松原さんのパターンは心理学から読み解けやすいかも知れません。実際に当たる事に対しては心理学では説明が出来ません。

日本のテレビ局は非常におかしいですね。エドさんは東京は被害が少ないと予知しているのに東京が危険みたいな放映の仕方ですが最近も地震の予知で異端学者とのけ者にされている外国人の学者が地震学からの予測は現在では不可能と言っています。南海地震が何十年も前から来ると予測していたのに全く別な場所での大地震、阪神淡路、中越、東日本、これらの予測が全く出来なかったからと言っています。全く私も同じ事を言っていたのですがいずれ南海地震は来ると思いますがあれだけの大地震を全く予測できなかったという地震学者の失態、信用のなさ、予知能力者の方が実際に当たっています。
この放送が日本の世間に知れ渡っていたら見方が少しでも変わっていたかもしれません。

大村京佑さんのユーザアバター

松原の話などしていません。遠まわしの擁護ならお引取りください。

匿名ですいません。
結局、大村様とお会い出来ずに終わってしまいましたが、ブログは読ませて頂いています。
エド氏は軍からも任される程の実績を備えていますが、松原さんはないですよね(笑

彼女はパクりで成り立っているようですから。

今現在も、ブログ内容をパクられている被害者がいますよ。

エド氏と同じレヴェルで見ないで欲しいです。

大村京佑さんのユーザアバター

こんな更新の少ないブログをこまめにチェックしてくださってありがとうございます。
しばらくしたら広島に戻る予定なので、その前にまた東京でオフ会ができればと思っています。
その時はぜひいらっしゃってください。

擁護をしてるわけではなく純粋な視点で見てるつもりだったのですが余計な事を書いてしまいました。

趣旨違いのコメントで申し訳ありませんでした。気を付けるようにします。

>>日本のテレビ局はおかしいですね。
ラジオ局も新聞もかなり昔からおかしいです。東日本大震災の後、マスコミ取材報道のなかでマスコミ関係者の不適切な言動が視聴者から指摘されました。スポーツのライヴでも偏向放送が目立ちました。
音楽家のドキュメンタリー番組に大きな手落ちがありました。ニセモノと見抜けず検証もろくにせず番組を作った。アンケート結果も操作されてるんじゃないかと疑う人多いです。

>>的中したのに話題にされない予知予言。
これも、誰かが裏で操作してるのではないですかね。

一部のネットユーザーたちが、どこに行ってもスルーされる。活動を妨害される。パソコンが壊れるという意味の書き込みをしてるし。
特定のネットユーサーが、ウィルス感染以外の見えづらいやり方で個人特定をされてあちこちから妨害されているとしたら、本当に怖い。マスコミと言い、特定ネットユーザーへの妨害といい、
「陰謀論」は本当にあるのだと感じました。ひぇぇぇーーーー。

予知能力ではないとおもいます

2003年には少なくとも情報社会に入っており、
日本の原発の数、場所を確認することで、
地震があっても安全な場所(原子力発電所が近くにない)危険な場所(原子力発電所が近くにある)が分かります。
2003年の情報の中で東京はどうでしたか?
安全な場所(もしくはあまり被害のない場所)のはずです。

その時点で東京は候補から外れるのでは?

第二に
テレビ出演した時に、番組を見ている人達は予知能力者の可能性がある、ということを前提に見ます。

前あなたが橋本市長と女性記者でよく使っていた言葉「イメージ効果」というものがこの題にも響くのではないかと思います。

予知能力者であるというイメージ、思い込みのせいで
彼が「何故世予知できるのか(何故分かるのか)」という考えが外れてしまっているようなきがします。
橋本市長の記事で、イメージ効果にあれほど騙されるな、と自分で書いていらっしゃったのでもうちょっと深く題を考える人だと思ってました。

よくよく考えてみると?となることはないですか?

予知というものは偽占い師が活用する人の心理を勉強することでも予知とされることができるのではないでしょうか?

長々と書きましたが本当に予知能力者がいたら、普通の人の構造とどう違いがあることで予知ができる。ということを研究したいですね。

大村京佑さんのユーザアバター

巨大な地震は来るものの東京は あまり被害を受けないということであった。だが、原子力発電所が破壊され、チェルノブイリを越える放射能漏れがあるとの透視結果を得た。

デームスが言っているのは地震の影響が東京には少ないということで、原発事故の影響が少ないという意味ではありません。
あなたが読めなかったのは、たぶん僕をやり込めたい気持ちが先走って、そこから文章を作ったせいでしょう。

短文返信ありがとうございます

その文章も色々な捕り方ができますよね?
先ほども書きましたが偽占い師などがよく使う手ですね。

やり込めたい気持ちはなかったんですが、

本当に予知なのか?
他の可能性はないのか?
というとこに着眼点を私はつけております。

自分は本当に予知だと思います。

実は僕もアメリカに留学しいている時に不思議な人と友達になったことがあります。
その人はある人の生まれ変わりだと言っていました。
そして、僕の家族のことや恋人のことなど聞くとすべてしばらく目をつむるような仕草をして全て当ててました。
そして未来のことも多くのことに答えてくれました。
ただ、ぼくは残念ながらそれほど社会の出来事に若い故に関心がなくて、自分の身の回りのことばかり聞いていました。
もう10年以上の前の話です。
ちょうどその時、ぼくはもしその人の能力がアメリカ政府の人が知ればきけんじゃないかとも思っていました。
しかし、アメリカではやはりこのような研究チームが発足されていたのですね。
ただ、僕が心配したような強制ではないので、今になれば心配しすぎですね 笑

とりとめのない文を失礼します。

大村京佑さんのユーザアバター

「ヤギと男と男と壁と」という映画は見ましたか?
タイトルはお粗末ですが内容は優れています。
消化しきれていない部分は多いもののテーマは最高だった。
こういう映画を正しく評価できず、くだらないタイトルをつけてしまうのが日本の悲しいところです。
ところで、本物の能力者は探してもなかなか見つかりません。
偶然に友達になれたのはラッキーですね。

Theme by Danetsoft and Danang Probo Sayekti inspired by Maksimer