You are here

恋愛を否定する和の思想が未婚・オタクの原因です その8 オタクとロリコン

オタクの本質が恋愛抑圧から来る妄想であることは説明しました。
そしてマンガやアニメは妄想ツールです。
ですので生身の人間を愛する人たちは僕の定義ではオタクではありません。
いわゆる「アイドル・オタク」は僕の定義ではオタクではないのです。
ですからリア・ディゾンがオタクに受けたというのも厳密に言えば間違いです。
リア・ディゾンはロリコン傾向のある人たちに受けたのです。
もちろんそうではない人たちにも受けましたが、コアなファン層はロリコン層です。
話がややこしくてすみません。
細かい話はどうでもいいんです。
とにかくオタクはロリコンだということが言いたい。

日本のアニメキャラは目が大きい。
目が大きいのは赤ちゃんの顔です。
日本のアニメキャラはたとえ大人のキャラクターでも目が大きい子供の顔です。
「日本人はもともと目が小さく外人のような目にあこがれているからマンガ・アニメでも目が大きいキャラクターを好む」という説があったとしても否定はしませんが小さい要素だと考えます。

royandmiku.jpg

日本人が目の大きいアニメ・キャラクターを好むのは、日本のアニメ・ファンの多くがロリコンだからです。
ではなぜ日本のアニメ・ファンにはロリコンが多いのか?
それを分析するだけでもおそらく一冊の本になると思いますが、最も大事なポイントはこのパロディ・マンガに表現されています。

「2ちゃんねる生活全般板住人作成 美味しんぼエロゲ対決」

oishinbo.jpg
「彼女らは新旧のエロゲ登場人物たちだ・・」
「士郎 ヲタクの心境になってこの中から一人選んでみろ。その選び方でお前がどれだけヲタについて知っているか分かるというものだ」
「みんな美形だわ。性格もいいし、キャラも立っているわ」
「ヲタの心境と言っても難しいねえ」
「あれだ」「清楚で美形で従順で家庭的。ロングヘアでお嬢様風。主人公のことを慕っている。あの中で一番若く後輩に当たる。一部年上好きがいるとは言え、基本的にヲタがロリであることに疑いはない」
「なるほど、まだ気がつかないのか。やはり完璧に見落としているのだな。あのキャラがヲタク受けするというのか」
「個人の好みは当然ある。あくまで一般論としての話だ」
「ふっ・・何もわかってないな」
「このキャラのどこが悪いというんだ。じゃあ自分もあの中から選んでみろ」
「私はあのキャラからは選ばない、絶対に」
「えっ?」
「あのキャラは全部非処女だ」
「あっ」
「中には母親もいる。確かにサブキャラとして魅力的ではあろう。また一部の信者とも言えるファンを獲得しているキャラも多い。しかし童貞が多く恋愛経験の少ないオタクにとって非処女というものはそれだけである種の恐怖の対象となる。前の男と比べられないだろうかとか、俺以外の男にあんな事までされたのかとか・・」
「非処女は中古!これがオタどもの偽らざる本音なのだ!処女崇拝・純潔主義。しかしその実ただの恋愛経験のなさによる女性に対する自信のなさ。それがヲタの処女信仰やロリコンの源泉なのだ。」



ロリコンは大人の女性に恐怖心を抱いているのです。

つづく

ブログカテゴリ: 

Theme by Danetsoft and Danang Probo Sayekti inspired by Maksimer