You are here

FEMAが大規模な緊急配備。アイソン彗星による太陽フレアを想定?

オバマのシリア制裁は第3次世界大戦に発展する可能性があり、またアメリカ財政の債務の崖もまもなくです。
これから何が起きるのか調べていたところ、アメリカの陰謀論系掲示板で「世界の終わりを予言する自閉症の子供」と言うビデオを発見しました。
http://www.abovetopsecret.com/forum/thread968438/pg1

ビデオはこちらです。

内容を簡単に翻訳すると、

○ 話している人の子供は自閉症で、今までに何度か予言を当てている。
○ 911の数日か数週間前に「ありとあらゆる場所に星条旗が見える」と言った。
○ 「あの会社は1年以内にビジネスをクローズする」と言い、その通りになった。
○ 「あたしはアメリカにいれるかしら?」と聞いたインド人女性に「8月23日にいなくなる」と答えた。女性は「その日はビザ延長で当局に行く日よ」と驚いた。
○ アメフト・レイモンズの勝利を当てた。
○ オバマの勝利を2度当てた(ヒラリーと共和党)。
○ 「10月1日、爆発。世界の終わり」と言っている。父が「じゃあどこに住む?」と聞くと、「火星」と答えた。

この10月1日という日付について、掲示板ではFEMA(合衆国連邦緊急事態管理庁)による緊急配備と結びつける書き込みがありました。

FEMAの緊急事態準備については、『日本や世界や宇宙の動向』サイトさんが詳細に翻訳してくれています。
緊急配備に関するほとんどの計画が10月1日を中心としています。

http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51896734.html
(ビデオ 概要)
軍事アナリストのチャック・ナッシュ氏は、DHS国土安全保障省はこの1年間に十数億もの銃弾や大量の兵器、武装車両、無人機を調達しましたが、戦争をしないのであれば、このような装備はしないはずだと言っています。
数日前のフォックス・ニュースで、ドナルド・トランプ氏は10月の第一週目に何かとてつもないことが起きようとしていると警告しました。

*リンク先ではもっと詳しく書かれていますので、ぜひ参照してください。

尋常ではない準備の仕方ですが、アメリカの大手マスコミでは一切報道されていないとビデオのコメント欄に書かれています。
では、FEMAはどんな緊急事態に備えているのか?
僕が紹介した方のビデオでは、オバマケア(オバマ政権が推進する米国の包括的な医療保険制度改革)の実施に伴う暴動を想定していますが、『日本や世界や宇宙の動向』サイトさんが紹介しているビデオの方では自然災害を想定しています。
どちらが正しいのかを調べるために検索したところ、この件をアイソン彗星と結び付けている書き込みを見つけました。
http://beforeitsnews.com/blogging-citizen-journalism/2013/08/comet-ison-...

ビデオはこちらです。

アイソン彗星は1680年の大彗星 “キルヒ彗星” を上回る、 史上最大の大彗星になる可能性がある彗星です。
極めて太陽に接近する彗星で、太陽の表面からたった117万km。
このため、2013年の11月からは肉眼で見える明るさとなり、近日点通過前後の11月28日には、金星や満月の明るさを超える大彗星になる可能性があります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/ISON%E5%BD%97%E6%98%9F

では、この彗星のどこに危険があるのか?
太陽と言えば太陽フレアですから、「アイソン彗星」と「太陽フレア」で検索をかけました。
どうやらビンゴのようです。

☆アイソン彗星の接近と太陽のポールシフト☆
http://ameblo.jp/amezisto0214/entry-11602587125.html

ホウホウ先生の開運ブログ より

太陽の性質として、どこからか飛んできたものや障害物、隕石、彗星などに向って、磁気や電気をキャッチして、太陽は、あの宇宙戦艦ヤマトのような波動砲を打ち込みます。
太陽フレアや太陽コロナから放出される(コロナ質量放出)CMEというものです。

『日本や世界や宇宙の動向』サイトさんもアイソン彗星を取り上げています。

太陽のポールシフトはアイソン彗星が引き起こす?
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51894492.html

天文学者らは、どうやら、太陽のポールシフトはアイソン彗星が太陽のそばを通過することで、電気的な影響を与え、太陽の磁極が逆転すると考えているようで す。はたして、今後、3~4か月以内(アイソン彗星が太陽に接近する時期)に本当に太陽がポールシフトするのか、見ものです。その時、地球に与える影響 は?

太陽フレアの危険性については僕が以前に書きました。
http://kayskayomura.com/node/511
太陽フレアが地球を直撃すると送電システムがストップし、復旧には1年から数年の時間がかかります。
今の時代で停電が1年も続くようであれば、文明は江戸時代に戻ります。
原子炉も冷却できなくなり、日本全国が放射能まみれになります。
(原発は停止中も危険です。 http://kayskayomura.com/node/619
恐ろしい事態です。
この件に関して、何らかの情報操作を疑う人も多いと思います。
たとえばアイソン彗星が太陽フレアを引き起こす可能性は実は存在せず、闇の政府はそういった情報操作で人々を混乱させて世界征服を実現するのではないかといった疑い。
しかし僕は太陽フレアの可能性は事実だと思います。
闇の政府が世界征服を企んでいるのはその通りとして、同時に太陽フレアの危険性も現実として存在し、もしその影響が少なければ闇の政府は混乱に乗じて世界を征服する。
もしその影響が大きければ、闇の政府は世界征服をあきらめて地下の避難所に逃げ込み、自分たちだけ助かる。
どちらの道でも彼らにとっては勝利です。

さて、みなさん準備はできていますか?
僕はとにかく食料を備蓄しました。
数年分の備蓄です。
運命の日まであと数週間ですから、どうぞみなさんも早めに準備を完了してくださいね。

ブログカテゴリ: 

Theme by Danetsoft and Danang Probo Sayekti inspired by Maksimer