You are here

ジョセフ・ティテル(Joseph Tittel)の予言がまたしても的中。震災津波で南極に新たな氷山

日本の津波を予言したアメリカの霊能力者、ジョセフ・ティテル(Joseph Tittel)の予言がまたしても的中しました。今年の元旦に「2011年に起きる世界の出来事」として行った予言の中での南極に関する予言です。

Antarctica is in great danger. A large chunk of ice breaks off causing concerns. This may be a result of a major earthquake that hits Antarctica.

訳: 南極が大いに危険です。氷の大きな塊が断裂し、心配されます。南極にヒットする大きな地震が原因かもしれません。
http://spiritmanjoseph.blogspot.com/2011/01/2011-2012-celebrity-world-ps...


そしてこちらが8月17日のニュースです。

震災津波で南極に新たな氷山 欧米チームが確認
東日本大震災に伴う津波の影響で、1万3千キロ以上離れた南極で海氷が壊れ、新たな氷山が生まれたとの観測結果を、欧州宇宙機関(ESA)や米航空宇宙局(NASA)のチームが9日、発表した。
 氷山は長さ9・5キロ、幅6・5キロ、厚さは約80メートルとみられる。震災後の3月12日と、その4日後の16日にESAの人工衛星エンビサットのレーダー装置が撮影した画像を比較すると、巨大な棚氷が壊れて南極海に流れ出したことが確認できた。
 チームは「自然災害の威力とメカニズムを知る上で、重要な手掛かりになる」としている。
http://www.47news.jp/CN/201108/CN2011080901001200.html

Tohoku Tsunami Created Icebergs In Antarctica
http://www.nasa.gov/topics/earth/features/tsunami-bergs.html

NASAの方の記事では、「日本の地震が南極に影響を及ぼすなど想像もできなかったことだ」と言っています。
科学者も驚くような自然現象を予言したとなると、もはやジョセフの能力は疑いようがないですね。
東北の津波に関するジョセフの予言が的中したとき、彼は日本にとってとても悪い予言をしていました。
その時は敢えて紹介しなかったのですが、今回は紹介します。

Update: 3/15/2011- I also feel that Japan has not experienced the worst yet. I believe it may get to the point that half of Japan will be un-livable. Part may go under the sea and another large quake and possible tsunami will hit once more.

訳: 2011年3月15日:追記 - 日本はまだ最悪を経験していないように感じます。日本は国土の半分が住めなくなる状況になると考えられます。一部は海中に沈み、また大震災と津波が再び日本を襲うでしょう。
http://spiritmanjoseph.blogspot.com/2011/01/2011-2012-celebrity-world-ps...

みなさん、十分な警戒をしてください。

ブログカテゴリ: 

コメント

 大村 様 はじめまして。

 t_sakと申します。
 以下、自己紹介させて下さい。
 私も松原さんの素性を調べようとした際に、こちらのblogに出会った口です。
 当初、松原さんに関する評価に興味を持っていたのですが、その他の分析に
関しても、理路整然としていて、最近私が興味を抱いていた事、自分の判断を
確認するにあたって、非常に強力なサイトである事が解り、今現在は、松原さん
以外の内容に、興味の対象が移っています。
(一言で言うと、非常に質が高いと感じています。)

 そもそも、私自身は株をやっていて、経済に興味を持ったのがきっかけだった
のですが、どうしても、学問ではなく、生の経済を学ぶにあたって、陰謀論を
避けられず、また直感的に、陰謀論は正しいと判断しています。
(正しいものは正しいという理屈にならない理屈です。)
 又、陰謀論を見ていくと、どうしても宗教色の強い記述、スピリチュアル系の
話とも遭遇し易くなり、参考程度にする事を心がけ、予言に関する内容も、ランダムに
拾っている状況です。
 亡くなった議員さんの秘書をされていたとの事、ご無念である事、非常に伝わりました。
他にも、陰謀と思しき失脚や、亡くなっている方が想像できるのですが、正直な
ところ、あまりオープンに語る事に恐れもあります為、直接的に書く事は控えたいと
思います。

 今回の記事についてですが、josephさんの事が触れられており、こちらも調べると、
確かに本物だと思えます。
 私の方も、別の予言系の方を紹介させて頂くと、飯田亨さん(陰陽自然学)という
新しい学問の創設に尽力されている方が、同様に、地震の事や、リーマンショックを
それより大分前に著書で予言されています。 (著書のタイトルは、地球核力激震10年です。)
こちらの内容も、josephさんの予言に通じるところが多く見受けられます。

 初回故、自己紹介も兼ねましたところ、だらだらと長くなり、申し訳ありませんでした。
どうしても、書きたいことを並べたら、記述が溢れてしまいました。
以後、書き込む際には、簡潔にまとめたいと思います。
今後とも、応援させて頂きます。
何卒、宜しくお願い致します。
 

大村京佑さんのユーザアバター

t_sak様、はじめまして。
お褒めの言葉をいただいて、とてもうれしく思います。

テレビの世界は視聴率が絶対ですが、もっとも視聴率を稼ぐコンテンツは視聴者層を「40代の高卒女性」に想定した番組です。
インターネットも似たようなところがあり、現実、このサイトでも松原さんの話がアクセスを稼いでいます。
まあそれはそれで訪問者が大勢いれば、僕が本当に言いたいことを理解してくれる人も現われれるだろうと思っていました。

t_sakさんは株から陰謀論とのこと、「金融のしくみは全部ロスチャイルドが作った」を書いた安部芳裕さんも初期の頃は株の裏側を書いていましたし、自然な流れだと思います。
株と金融こそ陰謀の目的ですからね。
僕は株の世界は良く知りませんが、芸能界の仕事をしていた時に見た目と裏側の違いを見ました。
そういった意味では芸能界も陰謀の世界と似ています。
ちなみに安部さんと初めてお会いしたときの最初の会話が脅しと暗殺についてでしたが、陰謀では大きな要素ですね。

飯田亨さん、今年は3月に何かあることを的中させてますね。
すごいですね。
次は9月ですか。
ジョセフの予言と組み合わせると、9月にもう一度大地震が来るということになりますね。

とにかく、書き込みしてくださって感謝します。
いろいろとお話させてください。
こちらこそ、どうぞよろしくお願いします。

連投申し訳ありません。
意図せずして、タイトルが、大村様の名前を呼び捨てた様な
文章になってしまいました。 大変失礼致しました。

大村京佑さんのユーザアバター

どうもお気遣いありがとうございます。

 大村 様 こんばんは。

 ご丁寧なご返信を頂き、ありがとうございました。
 飯田さんの予測に基づくと、9月に大結論と書かれておりますが、
内容が、今のところ抽象的な表現で示されています。

 3月の予兆に対する結論であれば、地震だと思いますが、
2008年の出来事に対する結論であれば、世界経済の総括と言える
出来事があると考えています。
(飯田さんによると、大規模な災害は、2013年だそうです。)
 その他の予測で、エレニン彗星の影響について言及している方も
見受けられる為、地震と経済どちらの問題が表出するのか判断ついて
おりませんが、何れにしても9月には、何か壊滅的な出来事が
起こるのかもしれませんね。

 タイトルがまたしても、意図しないものになってしまいました。
大変申し訳ありませんでした。

Theme by Danetsoft and Danang Probo Sayekti inspired by Maksimer