ジョセフ・ティテル(Joseph Tittel)の予言 2011年のセレブリティ エリザベス・テイラー

ジョセフ・ティテル(Joseph Tittel)が今年の元旦に行った「2011年に起きる世界の出来事」予言の中で、エリザベス・テーラーについて予言していました。そして皆さんご存知のとおり、エリザベス・テーラーは3月に死去しています。それだけでも驚くべきことですが、ジョセフは彼女の死因までも的中させていました。

ブログカテゴリ: 

岩上安身オフィシャルサイト 仙波敏郎氏インタビュー 「痴漢冤罪は当たり前」部分の音声起こし

岩上安身オフィシャルサイトの仙波敏郎氏インタビューの中で、刑事が容疑者を無実と分かっていながら痴漢冤罪を作ろうとする部分、重要と思いましたので音声から起こしました。
著作権は岩上安身様にあります。引用として認められる範囲と思いますが、もし問題がありましたらご連絡ください。岩神様はテキストをどうぞご自由にお使いください。
引用される方は必ず岩上安身オフィシャルサイトのURLを加えてください。

ブログカテゴリ: 

UFOが存在すると言うことは、宇宙人も存在すると言うこと

NASAの地球外生命体に関する記者会見は肩透かしに終わりましたね。

ブログカテゴリ: 

痴漢冤罪が起きるのは日本の警察官が優秀なロボットだから

新宿駅暴行痴漢冤罪自殺事件に興味を持ち、自殺された原田信助さんのお母さんの原田尚美さんと3回ほどお会いしました。
お母様からは遺品のICレコーダーに残された音声6時間分と音声から起こしたテキストをいただき、それを読んで自分なりの見解をまとめました。

まずこの事件の問題点はここに書かれている通りです。
「痴漢!腹を触られた」酔った女子大生らにリンチ受けた男性、警察に連行された後自殺 まとめwiki」
http://www23.atwiki.jp/tikanrinti/pages/14.html

この事件についての資料はこちらです。
http://kayskayomura.com/ja/node/24

そこで僕の見解ですが、まず痴漢があったとは思えない。
痴漢は普通、尻を触りますが、腹を触る痴漢などあるでしょうか? 
仮に触ったとして、だから何なの?です。
また、ホームに向かう階段で痴漢をするのも不自然です。
追いかけられたらホームに追い詰められるからです。
自分なら改札に向かう方向で痴漢をし、追われたら改札方向に逃げるでしょう。
女子大生は犯人の顔を見てもいません。
そこで警官と刑事ですが、警官は自分の職務を果たしたと思います。
刑事も自分の職務を果たした。
しかしその職務の方向が間違っていた。
警官は事件の真相を見ようとせず、ただ痴漢呼ばわりされた人の身柄を確保することしか考えていなかった。
そしてその目的のためには嘘もついた。
刑事も事件の真相を見ようとせず、ただ痴漢呼ばわりされた人の自白を取ることしか考えていなかった。
そしてその目的のためには原田さんの外部との連絡も遮断した。
警官も刑事も職務に忠実だったけれど、その職務は社会の正義を守ることではなく、とにかく犯罪者を摘発することだった。
たとえその犯罪者らしき人が真犯人であろうとなかろうと。
この事件の詳細についてはこれからまとめるつもりですが、とりあえずの僕の見解は以上です。

ここで連想するのはこのマンガ。

kinben-s.jpg

頑張っている警察官には申し訳ないけれど、彼らは間違った命令を延々と続ける兵隊です。

痴漢冤罪問題はただ警察を非難して終わる問題ではありません。
警官も刑事も職務に忠実なだけなのだから、彼らを批判しても始まらない。
警察の職務とは何か、理想的な警官像とは何かをまず私たちが考える必要があります。

警察内部にもいじめがあります。
理性を殺してただ命令に従う警官を作るため、いじめを行う。
便器をなめさせるようなことまでするらしいです。
痴漢冤罪をなくすためには、まず警察内部のいじめをなくすという考え方も必要です。

参考リンク
警察官の自殺
http://dr-nobody.blog.so-net.ne.jp/archive/c40379255-1

ちなみにこちらの写真は糞尿で顔を洗わせる韓国軍のいじめ
kaounchi-s.jpg

Mr. Roboto- Styx

ブログカテゴリ: 

平野綾

平野綾ちゃんの事務所批判がニュースになっている。

w06-0202-101116.jpg

http://twitter.com/Hysteric_Barbie/

ブログカテゴリ: 

ただ一人、石井紘基を追いかけてくれていたテレ朝 大野公二記者

民主党が政権を取った時の公約が「埋蔵金の発掘」でした。
つまり特別会計の見直しです。
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20090623-OYT1T00055.htm
蓮舫が「2位じゃダメなんでしょうか」と言った事業仕分けも特別会計の見直しです。

ブログカテゴリ: 

マスコミはエリート村、インターネットはユーザーダイレクト

ウェブ系ジャーナリストの第一人者である佐々木俊尚さんが今急成長しているソーシャルゲームについて、ツイッターでこんなコメントをしています。

sasaki.jpg

ブログカテゴリ: 

マスコミが反中国デモを報道しなかったのは、デモの人たちが怖いから

尖閣問題を巡る2010年10月2日の反中国デモについて、日本のメディアがまったく報じなかったことが2ちゃんねるやTwitterで大問題になっています。

>反中国デモ「報道せず」 2000人以上も集まったデモなのに、なぜ報道しない! 2ちゃんはスレが次々立つお祭り騒ぎ

ブログカテゴリ: 

AKB秋元才加お泊りデート報道は情報操作パブリシティの失敗?

今ネットで大話題のAKB48秋元才加ネタだけど、もともとのニュースは情報操作パブリシティではないかという推理があります。

まずこちらはもともとのニュース
>AKB48秋元才加、広井王子との「自宅お泊りデート」報道をブログで謝罪
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101013-00000023-oric-ent

ブログカテゴリ: 

訃報:池部良

「ゲゲゲの女房」が向井君ブームに乗る形でヒットして、太平洋戦争生き残りの水木しげるが脚光を浴び、書店では水木しげるの戦争マンガが並びました。
次はニューギニア戦線で飢餓地獄を生き延びた池部良にテレビ関係者がアプローチしてくれればなあと思っていたらこのニュースです。
しかし今の若者はゲゲゲの鬼太郎は知っていても池部良は知らないだろうなあ。

僕にとって池部良と言えば「暁の脱走」ですね。

ブログカテゴリ: 

ページ

Theme by Danetsoft and Danang Probo Sayekti inspired by Maksimer