世界経済・陰謀論

エボラの目的はワクチンの強制接種?着々と進行する恐怖の計画

ブログカテゴリ

さて、今回は陰謀論の見地からエボラについて書きます。 まずは基礎知識として、2005年ロンドンのシティでの上級メーソンで話された計画を紹介します。

公然とオカルトを語り始めた世界のトップエリート

ブログカテゴリ

IMF専務理事のクリスティーヌ・ラガルドが今年の1月にワシントンのナショナルプレスクラブにて3分もの時間をかけてオカルト数秘術(numerology)を語りました。 世界のトップエリートが公の場でオカルトを語った話はとても重要だと思いますが、日本ではまだほとんど紹介されていないようなので、今日はその話をします。 まずIMF(国際通貨基金)という組織ですが、これは国家の上に位置するエリート組織です。 1997年に韓国が破産しかけた時、韓国はIMFに支援を要請して助けてもらいました。 陰謀論的に見てもIMFは世界政府の実働部隊です。 そのクリスティーヌ・ラガルドがジャーナリストを前にオカルトを解説したビデオを紹介します。 ビデオの中でラガルドは最初に「I'm going to test your numerology skills by asking you to think about the magic seven これから魔法の数字7について考えていただくことでみなさんの数秘術の腕前をテストします」と言い、それから今年2014年が数秘術的にどういう年かを語りました。

ビットコインの真の開発者はNSAに雇われた岡本龍明氏という説 その1

ブログカテゴリ
僕は昨年の10月から世界的金融大恐慌はもはやカウントダウンの状況だという話をしています。 ここに来て海外の陰謀系掲示板を見ると、その手の話で溢れんばかりなのですが、同じことを繰り返して話すのは好きではないので、今回のエントリーではその先の話をしたいと思っていました。 ドルや円が崩壊した後、世界経済はどうなるのか? ハイパー・インフレになる? 新しい通貨が登場する?

マヤ歴や「財政の崖」に隠れた「債務の上限」。これこそが運命の2012年?

ブログカテゴリ
新年明けましておめでとうございます。 2012年は何事もなく終わりましたね。 アセンションを言っていた人たちは何を言っているのでしょうか。 まずは中丸薫さんのサイトを見てみます。

2012年の何が「運命」だったのか?連邦準備法?戦争準備?

ブログカテゴリ
運命の2012年が終わりに近づいています。 まだ早いかもしれませんが、考察します。 正直、いったい何が運命だったのかよくわかりません。 影の権力者たちのパワーの源泉は連邦準備法ですから、その自動延長の年から目をそらしただけだったのかもしれません。

ミッチェル・クームスがカリフォルニアの津波地震に言及。南部で非常事態宣言

ブログカテゴリ
もう3週間も前ですが、ミッチェル・クームスが「カウントダウンがきわめて近い」と言っていました。
Mitchell Coombes

ロンドン・オリンピックの裏のテーマとパイクの計画

ブログカテゴリ
前回の記事の続きです。 ロンドン・オリンピックのロゴにシオン(ザイオン)の文字が隠されていることやキャラクターが一つ目であることなどはYoutubeなどで翻訳されていますので、ご存知の人は多いと思います。

ロンドン・オリンピックが911の再来になる?テロを暗示するCMや映画

ブログカテゴリ
3月にこちらの記事(http://kayskayomura.com/node/196)が原因でサイトが炎上してから陰謀論は控えていたのですが、この2012年という運命の年に陰謀論を語らないわけにはいきません。 僕の情報を冷静に受け止めることができる人だけが読むという条件で、また陰謀論の話をします。 ロンドンでオリンピックが開催中ですが、ロンドンはイルミナティの総本山的な場所です。
世界経済・陰謀論 を購読