You are here

世界経済・陰謀論

ビットコインの真の開発者はNSAに雇われた岡本龍明氏という説 その2

前回の続きです。

『ビットコインはDARPA(国防高等研究計画局)によって作られた』

ブログカテゴリ: 

ビットコインの真の開発者はNSAに雇われた岡本龍明氏という説 その1

僕は昨年の10月から世界的金融大恐慌はもはやカウントダウンの状況だという話をしています。
ここに来て海外の陰謀系掲示板を見ると、その手の話で溢れんばかりなのですが、同じことを繰り返して話すのは好きではないので、今回のエントリーではその先の話をしたいと思っていました。
ドルや円が崩壊した後、世界経済はどうなるのか?
ハイパー・インフレになる?
新しい通貨が登場する?

ブログカテゴリ: 

世界的大金融恐慌が始まったかもしれません。まずは中国の銀行破綻から?

2ヶ月前、10月25日のエントリーで僕はリンゼー・ウィリアムス師情報による世界的大金融恐慌発生トリガーについて書きました。
バーナンキ米連邦準備理事会議長が量的緩和の縮小を発表すれば世界金融大恐慌に陥るという話です。

ブログカテゴリ: 

世界的大金融恐慌は2014年3月頃という補強的情報

前回のエントリーをきっかけにメンバー登録してくださった皆さん、自己紹介をありがとうございました。
長い自己紹介を書いてくださった方には順番にメールを書いているところですので、まだ受け取っていない人は今しばらくお待ちください。

さて、前回、登録者だけにお知らせした情報は世界的大金融恐慌の具体的な時期です。

ブログカテゴリ: 

世界的金融大恐慌の発生時期が判明しました。そして起こす方法

リンゼー・ウィリアムス師が影のエリートたちから得ている情報は正確です。
以前、このサイトの右肩の部分にウィリアムス師の「影のエリートたちはエジプトに始まり、リビア、イエメン、ヨルダン、シリアと紛争を拡大させ、最終的には中東の原油輸出を停止させたいと考えている」と言う予言を掲載していましたが、原油の輸出はいまだに続いているものの紛争についてはその通りになっています。

ブログカテゴリ: 

マヤ歴や「財政の崖」に隠れた「債務の上限」。これこそが運命の2012年?

新年明けましておめでとうございます。
2012年は何事もなく終わりましたね。
アセンションを言っていた人たちは何を言っているのでしょうか。
まずは中丸薫さんのサイトを見てみます。

ブログカテゴリ: 

2012年の何が「運命」だったのか?連邦準備法?戦争準備?

運命の2012年が終わりに近づいています。
まだ早いかもしれませんが、考察します。

正直、いったい何が運命だったのかよくわかりません。
影の権力者たちのパワーの源泉は連邦準備法ですから、その自動延長の年から目をそらしただけだったのかもしれません。

ブログカテゴリ: 

衆院選挙による政治空白期を狙った巨大地震の可能性を考える

おとといの金曜日、12月7日17時18分ごろ、三陸沖を震源とするマグニチュード7.3の地震がありました。

jishin2012-12-7.jpg

ブログカテゴリ: 

ミッチェル・クームスがカリフォルニアの津波地震に言及。南部で非常事態宣言

もう3週間も前ですが、ミッチェル・クームスが「カウントダウンがきわめて近い」と言っていました。

Mitchell Coombes
ブログカテゴリ: 

ロンドン・オリンピックの裏のテーマとパイクの計画。明日、大事件が起きる可能性

前回の記事の続きです。
ロンドン・オリンピックのロゴにシオン(ザイオン)の文字が隠されていることやキャラクターが一つ目であることなどはYoutubeなどで翻訳されていますので、ご存知の人は多いと思います。

ブログカテゴリ: 

ページ

Theme by Danetsoft and Danang Probo Sayekti inspired by Maksimer