You are here

社会・日本人論

かつての空気の正体は一億総特攻。今の空気は一億総被曝

前回と前々回の続きです。
http://kayskayomura.com/node/100
http://kayskayomura.com/node/98

カミカゼ航空特攻は敵空母に命中すれば戦果が期待できます。
しかし大和特攻は戦果がまったく期待できないので「特攻」とすら呼べません。
ただ死ぬだけなので特攻というよりはバンザイ突撃に近い。

ブログカテゴリ: 

『空気の研究』と大和特攻の背景

前回の続きです。
http://kayskayomura.com/node/98

再び『空気の研究』から引用しますが、その前に軍事的な知識に乏しい若者のために大和特攻の背景を説明します。

ブログカテゴリ: 

「私たちは空気の奴隷」 芥川賞作家、金原ひとみがつづる日本国への絶望と大和特攻

1ヶ月ほど前のエントリーで僕は福島原発事故の被害予想を計算し、「関東に住む人は全員が放射能で死ぬ」と結論しました。
http://kayskayomura.com/ja/node/82
日本を代表する政治家の一人である小沢一郎氏も5月の時点で次のように述べています。

ブログカテゴリ: 

元日テレ報道局デスクの木下黄太氏が語るマスコミの真実。「支配するのは空気」

前回のオフ会に参加してくださった女性から木下黄太という人物について教えていただきました。
彼は日テレ報道局社会部のデスクだった人で、福島原発に取材に行くことを拒否して局を離れ、今はネットから放射能の危険を訴えています。

ブログカテゴリ: 

放射能で1千万人が死ぬと言う東電内部情報を検証。この道はいつか来た道

本日、IAEA事務局長が「福島第1原発は計画通りに冷温停止実現の見通し」と発表しました。

ブログカテゴリ: 

菅直人インタビューをネットから削除する大手マスコミ。陰謀?それともただの思考停止?

菅前総理がTBSのインタビューに答え、東北大地震の直後の福島原発メルトダウンの可能性について、原子力保安員から報告がなかったことを告白しましたが、TBSはそのニュースをいったんはネットに掲載したものの、通常1週間は掲載するところを半日足らずで削除しました。それに応じてヤフーニュースも削除されました(2011年09月07日午前)。

消されたページ
TBS Newsi

ブログカテゴリ: 

二階堂ドットコムからの回答

被曝作業員の死亡が隠蔽されているかもしれない件について、ネタ元のひとつである二階堂ドットコムさんにソースの信憑性を問い合わせました。
ここで書いて良いとの了承は得ていますので、内容を報告します。

まず二階堂氏に対して東電が公式に否定したことを伝え、「もし多忙で裏取りの時間がないのであれば協力したい」とも伝えたところ、

「信じない奴なんてどうでもいい」

ブログカテゴリ: 

レディー・ガガが日本を好きな理由

レディー・ガガが東日本大震災の被災者支援イベントのために来日し、自分で集めた義捐金約2億4,000万円を寄付するなどしました。

(日本経済新聞)
ブログカテゴリ: 

痴漢冤罪が起きるのは日本の警察官が優秀なロボットだから

新宿駅暴行痴漢冤罪自殺事件に興味を持ち、自殺された原田信助さんのお母さんの原田尚美さんと3回ほどお会いしました。
お母様からは遺品のICレコーダーに残された音声6時間分と音声から起こしたテキストをいただき、それを読んで自分なりの見解をまとめました。

まずこの事件の問題点はここに書かれている通りです。
「痴漢!腹を触られた」酔った女子大生らにリンチ受けた男性、警察に連行された後自殺 まとめwiki」
http://www23.atwiki.jp/tikanrinti/pages/14.html

この事件についての資料はこちらです。
http://kayskayomura.com/ja/node/24

そこで僕の見解ですが、まず痴漢があったとは思えない。
痴漢は普通、尻を触りますが、腹を触る痴漢などあるでしょうか? 
仮に触ったとして、だから何なの?です。
また、ホームに向かう階段で痴漢をするのも不自然です。
追いかけられたらホームに追い詰められるからです。
自分なら改札に向かう方向で痴漢をし、追われたら改札方向に逃げるでしょう。
女子大生は犯人の顔を見てもいません。
そこで警官と刑事ですが、警官は自分の職務を果たしたと思います。
刑事も自分の職務を果たした。
しかしその職務の方向が間違っていた。
警官は事件の真相を見ようとせず、ただ痴漢呼ばわりされた人の身柄を確保することしか考えていなかった。
そしてその目的のためには嘘もついた。
刑事も事件の真相を見ようとせず、ただ痴漢呼ばわりされた人の自白を取ることしか考えていなかった。
そしてその目的のためには原田さんの外部との連絡も遮断した。
警官も刑事も職務に忠実だったけれど、その職務は社会の正義を守ることではなく、とにかく犯罪者を摘発することだった。
たとえその犯罪者らしき人が真犯人であろうとなかろうと。
この事件の詳細についてはこれからまとめるつもりですが、とりあえずの僕の見解は以上です。

ここで連想するのはこのマンガ。

kinben-s.jpg

頑張っている警察官には申し訳ないけれど、彼らは間違った命令を延々と続ける兵隊です。

痴漢冤罪問題はただ警察を非難して終わる問題ではありません。
警官も刑事も職務に忠実なだけなのだから、彼らを批判しても始まらない。
警察の職務とは何か、理想的な警官像とは何かをまず私たちが考える必要があります。

警察内部にもいじめがあります。
理性を殺してただ命令に従う警官を作るため、いじめを行う。
便器をなめさせるようなことまでするらしいです。
痴漢冤罪をなくすためには、まず警察内部のいじめをなくすという考え方も必要です。

参考リンク
警察官の自殺
http://dr-nobody.blog.so-net.ne.jp/archive/c40379255-1

ちなみにこちらの写真は糞尿で顔を洗わせる韓国軍のいじめ
kaounchi-s.jpg

Mr. Roboto- Styx

ブログカテゴリ: 

ページ

Theme by Danetsoft and Danang Probo Sayekti inspired by Maksimer